« 贅沢なお食事 | トップページ | 豚のしょうが焼き »

2015年11月22日 (日)

国宝「朝光寺」

「明日は国宝の朝光寺に行こう」と家人の提案でした。

家事を終えて10時半に出発。

1時間程で目的地に。

写真: img_5357

紅葉はどうかしら?と思っていましたが家人のダウンと共に黄色ばかりでした。

お寺に行くのに彼はどうして紺のスエードの靴を履いてきたのか?と疑問に思いながら苔むした道を歩みます。

つくばねの滝が見えて来ました。

写真: img_5365

「つくばね」とは毎年桜田さんのお正月料理で椀物に入っていたつくばねです。以前はそのつくばねが多く自生していたそうです。

山門を入るとそこには私達2人だけだったのでボランティアの方が「お時間があるならご案内します」と言って下さったのでお願いしました。

お二人に案内されて落ち葉を踏みしめてザクザク、心地よい感覚。

写真: img_5381_3

先ほど見た滝を上から眺めます。

写真: img_5383

水は加古川から播磨灘へと流れて行くそうです、この山のミネラルが海へ流れて美味しい牡蛎を育てるのだと食いしん坊の私は考えていました。

西国三十三箇所の石仏が全て揃っています。

写真: img_5385

どれも良いお顔。

本堂から山門までの距離が短い小さなお寺です。

写真: img_5394

写真: img_5396

美しいカーブの松の木は4本あります、良く揃えた物だと関心しました。

只眺めているのとは違い説明を伺うと「なるほど・・・」と色んな事がよくわかりました。

本堂の中はピカピカにお掃除されていました、人口が少ない地域の皆様が大切に守っていらっしゃるお陰の国宝でしょう。

久しぶりの滝とお寺を拝見して穏やかな心になれば良いですが。。。






只今発売中

第二弾

Mikageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)




只今発売中

第一弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  

↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« 贅沢なお食事 | トップページ | 豚のしょうが焼き »

コメント

お写真と文章から、その場の静謐さや葉っぱの匂いまで伝わるようです。朝光寺、寡聞にして存じませんでした。是非うかがってみたいものです。

投稿: ムーちゃんママ | 2015年11月23日 (月) 09時58分

ムーちゃんママさま
電車の中でコメントを拝見しました。
「寡聞にして」と言う言葉を使ったことが無く家人とその話題で車中退屈しませんでした。
私も賢くなりたいです。

投稿: Mikageマダム | 2015年11月23日 (月) 16時00分

マダム今晩は。
電車で一時間程で誰も居ない静かな小さなお寺いい所ですね・・私はお寺が大好きです今ごろは浄瑠璃寺何かも良いですよ奈良ですが・・。
maple家人様細いですね・・スエードの靴で葉っぱの上滑るらなかっですか?

投稿: aiko | 2015年11月23日 (月) 19時00分

aikoさま
こんばんは!
車で出かけたのですよ。

浄瑠璃寺って調べたら京都になるようですね。

家人は靴が滑りそうだと言っていましたhappy02
誘っておきながら準備不足はダメです。

家人は足に重りを付けて歩いています、貴方は三浦雄一郎か?と突っ込みそうです。

投稿: Mikageマダム | 2015年11月23日 (月) 22時22分

おはようございます
松の木は
肘木?
虹梁?
どちらかであっても
化粧(デザイン)されていて
かっこいいです!
あっ!黄色いダウンのほうが
かっこいいです!
そしてそして垂木のシンメトリーに
朝から萌え萌えです~
国宝の工芸品は箱根を超えてくれますが
建物は伺わなくてはならないので
ハードルが高いのです
こうしてお写真で見せてくださるのは
大変ありがたいです
ダウンの君にも御礼下さいませ

投稿: trintrin | 2015年11月24日 (火) 05時28分

trintrinさま

虹梁だそうです。

本堂のお写真をもっと撮れば良かったですね。
一部室町時代、江戸時代の瓦が残っていました、昔の物は色が良いですね。

建築に詳しく無い私は説明を受けてただ感心して眺めていました。
trintrinさまならもっと感動なさっただろうと思います。

投稿: Mikageマダム | 2015年11月24日 (火) 07時19分

こんにちは。

私は家人様の鮮やかな黄色のダウンが落葉に映えてとても素敵で真似っこしたくなってしまいました!

ブルースエードシューズという、プレスリーの古いナンバーがありましたね。

晩秋の古刹に鮮烈な色遣いを合わせてこられる…精神性の自由さみたいなものを感じてしまいました。

ちょっと深読みでしょうか…(笑)

投稿: 神奈川のファン | 2015年11月25日 (水) 10時55分

神奈川のファンさま
♪ブルー・ブルー・ブルースエード・シューズ♪ですね!
私はプレスリーが好きでしたが母が下品だと言って家では聞かせてもらえませんでした。
密かに校則を破って度々映画館に通っていました、懐かしいですね~。

外出の際家人のコーディネイトは私の役目です。
放っておくと私の我慢ならない姿で登場します。
お寺参りなのに靴までチェックしていなかったのは私の責任です。

投稿: Mikageマダム | 2015年11月25日 (水) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 贅沢なお食事 | トップページ | 豚のしょうが焼き »