« 鴨鍋 | トップページ | ピザと鯖寿司 »

2016年1月10日 (日)

梅田阪急百貨店

土曜日阪急梅田百貨店へ行こうと家人にLINEを送ったのですが仕事中見てなかったようで返事が返ってこず行けませんでした。

日曜日朝ご飯も食べず出かけ13階でお寿司のブランチです。

私の料理長お勧め品

写真: img_6047

家人は特上にぎり

写真: img_6050

生ビール(小)で乾杯、退職した方々はこんな楽しい日々を過ごしていらっしゃるのかな?と羨む私は続いて熱燗を頂きました。




初めて13階へ来たのでぐるっと見学、外へ出られるようなので出てみました。

写真: img_6061_2

風が強いです。

写真: img_6057

誰も居ません。

ライブのリハーサルをなさってる方

写真: img_6052

関係者の方からライブの案内を頂きました。





7階で漆器の展示会を覗きぶらぶらしていたら細かい銀細工を見つけました。チャームかなと思い近づいて見ると「銀草子」と言う物でした。

写真: img_6063

家人と感心しながら眺めていると男性の方が商品を出して説明を初めて下さいました。

1つ1つは物語の一瞬を切り取り形にし、見た人にストーリーを想像させると言う遊びの道具です。

写真: img_6066

実はこんなに小さいものなのです。

写真: img_6064

流ちょうな説明の後必ずオチを付けるは有名な方でした。

こちら でも見ることが出来ます。以前は11階に有った様ですが現在は7階です。


とても楽しい時間だったので「落ち込んだ気分になったら又伺いますね」と言って失礼しました。




只今発売中

第二弾

Mikageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)




只今発売中

第一弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  


↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« 鴨鍋 | トップページ | ピザと鯖寿司 »

コメント

初めまして。
マダムさんのブログは大好きで ずっと拝見していました。
六甲に祖母が居た昭和の時代、東京在住の私の夏休みは毎年神戸で過ごしていました。
デリカテッセンのハムやサーモン、フロインドリーブのパンの朝食…。
決してマダムさんのお宅のようなレベルの家系ではありませんが、日々のブログを読ませて頂くと 現在52才の私が幼いころからの 諸々が想い出され 大変失礼ですが、オシャレ好きで美味しいもの好き、だった若い頃の祖母と重なります。本当に失礼ですね。すみません。
マダムさんの 手を抜かないこだわりは本当に素晴らしいですね。
ズボラな私には 、真似できませんが、大切にしてゆきたいことは ブレずに自分なりに守ってゆきたいと、ブログ拝見する度に 心に思うのです。
これからも楽しみにしております。

投稿: みや | 2016年1月10日 (日) 23時35分

みやさま
初めまして!初コメありがとうございます。
おしゃれでデリカテッセンにフロインドリーブがお好みだったお祖母様は神戸っこの先輩でいらっしゃいます。
私とイメージを重ねて頂くのはおこがましいです。

健康状態がすぐれないと思う様に体が動きませんがズボラになるとドンドン手抜きをしてしまいそうで元気な今はさぼらず過ごしています。

これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

投稿: Mikageマダム | 2016年1月10日 (日) 23時49分

こんにちは。
私もこちらのお店で楽しいお話を伺ったことがあるので、思わずコメントしてしまいました。
ウロウロしていた夫に呼ばれ行ってみると、とても細かい銀細工がたくさん。
あの方、まさかYouTubeで拝見できるとは。

ところで、今年のお正月はマダムの本と首っ引きで、おせちを頑張ってみました。
義母も高齢になってきたので、こちらで作って持っていこうと思ったのです。
食べるのは大好きですが、作るのが苦手な私は、夫に手伝ってもらいながらなんとか完成させました。
お料理上手な嫁だったら義母も楽ができるし幸せだっただろうに・・・と申し訳ない気持ちでいっぱいになり、新年早々謝りました。

来年のお正月までには、何度も復習してもっとマダムの本に忠実にできるよう頑張りたいと思います。(マダムのお料理の美しさは、本当に憧れです)

投稿: koriki | 2016年1月11日 (月) 09時55分

korikiさま
「銀草子」で検索したら山本氏にヒットしてびっくりしました。彼は正しくプロの売り手ですね。

竹の中にお姫様が入ってる竹取物語はドバイの方がお買い求めだったようです。

お義母様はきっと喜んでいらっしゃいますよ。私のレシピを見ながらお味はご主人様のご実家に真似て作られるのが良いかと思います。

今年の年末も再チャレンジなさって下さい。

投稿: Mikageマダム | 2016年1月11日 (月) 12時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鴨鍋 | トップページ | ピザと鯖寿司 »