« 普通のカレー | トップページ | 残り物で春巻き »

2016年2月17日 (水)

お稽古日

和食のお稽古日でした、1月はお休みなので今年初めてのお稽古です。

2月は節分のお献立。

写真: img_6502

先付け・・・畑菜、油揚げ芥子和え

鰯の南蛮漬け

大豆含め煮

蒸し寿司

写真: img_6505

雪鍋は牡蛎、豆腐、芹です。

写真: img_6507




長年お稽古に通っていても毎回感動があります。今日は畑菜と言うお野菜を初めて頂きました。

先生が京野菜の「かね松」で買い求めて下さいました。材料を揃えるのは大変な労力だと思います。


良い器で頂くお料理は一段と美味しく感じます。

来月のお稽古も楽しみです。

帰り道又あられに打たれました。





只今発売中

第二弾

Mikageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)




只今発売中

第一弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  


↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« 普通のカレー | トップページ | 残り物で春巻き »

コメント

マダム、素敵なお稽古ですね。
蒸し寿司に雪鍋、それも牡蠣。
なんて素敵なお献立。うっとりしますね。
私も今日、仕事の後に着付けのお稽古に行ってきました。最近、早朝に目覚めたり、気持ちがふさぎこみがちで更年期やわと思っていましたが、着物を着ると背筋が伸び、とても癒されました。先生とお話しをしたり、着物を着ると、気持ちが前向きになりました。いくつになっても学びの心は大切ですね。

投稿: つねみん | 2016年2月17日 (水) 20時36分

つねみんさま
お稽古をしながら京都の蒸し寿司のお店が話題に出ました。寒い時のご馳走ですね。

習うと言う事は適度な緊張感があり頭の刺激になります。友人以外の方々とのお付き合いも学ぶことが多いです。

春になって新緑の季節ともなれば自然のエネルギーを貰って元気が出ると思います。
今は寒いので私もウキウキとはしません。

投稿: Mikageマダム | 2016年2月17日 (水) 21時11分

こんばんは、御影マダムさま。
こんな寒い日に、雪なべをいただけたら最高に美味しいでしょうね😋
和食の素晴らしさを実感します。
そしてブログをとおして、私たちにそれを伝えてくださるマダム様にも感謝いたします。
来月の雛祭りには、マダム様のレシピで蒸し寿司を作ってみようかな😊

投稿: S.Hiroko | 2016年2月17日 (水) 22時16分

マダム様!こんばんわ!!
素敵なお献立です。再来週京都にいきます。素敵な食材に出会いたいです。

雪鍋、大根おろすのが辛くて(笑)
困った性格です!お雛様、私も娘様に今年は頑張って蒸し寿司を、、、。出来るかな(笑)

投稿: xo | 2016年2月18日 (木) 00時52分

S.Hirokoさま
おはようございます!
今朝も寒いですね。
お店では創作料理など正統派の和食を頂く事が難しくなっています。
食べたい物は自分で作るしか無いのが辛いです。

蒸し寿司は関西のお味ですね。

投稿: Mikageマダム | 2016年2月18日 (木) 07時08分

xoさま
おはようございます!
京都には旬の良いお野菜が有ります、お買い物出来れば良いですね。

私も大根おろしを作るのは苦手ですが良いおろし金を使えば楽です。

蒸し寿司は椎茸さえ前日に戻して置けば楽ですよ。お稽古では卵10個分の薄焼き卵を焼きました。

投稿: Mikageマダム | 2016年2月18日 (木) 07時14分

マダム様
京都もまだまだ寒い日が続いております。

畑菜と言う野菜の事が出ていました。

偶然、下の娘が昨日、お義母さんから畑菜を貰って
今日の朝、もうすぐ6か月の赤ん坊に離乳食を作ってあげていました。

西陣界隈には加茂からお百姓さんの女性がミゼットに
旬の野菜を積んで売りに来られます。

京都ならではの野菜です。

私達の母親はよく畑菜の辛し和えや、お揚げさんと炊いて、いましたが、今のスーパにはありませんので
娘達は知らないです。

いつもマダム様のお料理は楽しみで、朝いちばんにPCを開けたら読ませていただいております。


投稿: あろはママ | 2016年2月18日 (木) 14時48分

あろはママさま
畑菜のお話伺えて嬉しいです。旬の時期が短いお野菜のようですね。
お孫さんは旬の京野菜を召し上がってすくすくとお育ちでしょう。

ミゼットが未だ動いているとは凄いですね。
昔は大原女が野菜を売っていました。
絣の衣装に頭には日本手ぬぐいを姉さんかぶり、上手に頭に野菜を乗せてバランス良く歩いていらっしゃいました。
岩倉ではお葬式に大原女が喪服に絣の前掛けを付けて参列なさっていました、正装なのでしょうね。

やはり畑菜は珍しいお野菜になったのですね、神戸では見たことが無いですもの。

京野菜を作る農家さんも減ってるようですね。

投稿: Mikageマダム | 2016年2月18日 (木) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 普通のカレー | トップページ | 残り物で春巻き »