« 香港海鮮料理「椰林(ヤリン)」 | トップページ | ハワイへ送信 »

2016年3月31日 (木)

ランドセルを考える

写真: img_6883

半世紀以上前、私が小学校へ入学の際、両親が用意したのはランドセルでは無く、横長の布製のデイバッグでした。国際学校の生徒達が持ってる様なものでした。

私は別段気にすること無く背負って学校へ行きました。

他の子供達がうらやましがる事があっても、いじめられたりはしませんでした。

皆と同じでは無く、個性を大事にするとの両親の教育方針です。

母親達は着物で授業参観をする時代、私の母だけタイトスカートのスーツにハイヒールで登場していました。爪と口紅は真紅です。

我が家では「みんな持ってるから買って」は通用しません。

欲しい物があれば親を納得させるだけの理由を述べねばなりません。

にわかクリスチャンではクリスマースケーキも買ってもらえませんでした。



私の子供もデイバッグで小学校に通わせました。

同級生達に笑われたら息子はやんちゃだったので「ママが用意してくれたから、ええやろ!」と言い返していたそうです。

線が細くか弱かった娘は「ランドセルが羨ましい事もあった」と大人になって話していました。




さて来月入学する孫に、娘はデイバッグを用意しました。念のため学校に問い合わせると、ランドセルで無いとダメだと言われたそうです。親の責任で持たせたい、と話してもダメで、6年間身体的な理由が無い限り、ランドセルを持つ決まりだそうです。

制服も無い小学校でランドセルだけ画一的に決まられるのが疑問です。社会主義国みたいと感じてしまいます。

急いで娘はネットでランドセルを購入しました。




昨日孫と娘と3人で決められた通学路を学校まで歩いて見ました。私の子供達と同じ学校へ通うのに、凄く遠回りした通学路となっていました。

信号が無い見通しの悪い横断歩道も渡らねばなりません。

信号を渡る近い道があるのに、どういう基準で通学路を決めたのかと疑問です。


団塊の世代は大勢に対して、素直には納得しない体質を持っているようです・・・私だけかな?・・・










只今発売中

第二弾

Mikageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)




只今発売中

第一弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  


↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« 香港海鮮料理「椰林(ヤリン)」 | トップページ | ハワイへ送信 »

コメント

もしかして近くの小学校でしょうか・・・・
うちは塾の荷物がランドセルにはいらないのでリュックサックを許可してもらいました。
なかなかややこしいがっこうでしたよ。

投稿: 山手主婦 | 2016年3月31日 (木) 08時32分

昨今のランドセル事情には詳しくないですが 近隣の小学生達は 色とりどりのランドセルを背負っている姿を見かけるものの デイバッグの子供は見たことがありません。
そういう決まり事があるのですね。

長女が通園してた幼稚園が廃園になった為 末の娘は公立の幼稚園に入園しました。制服はなく通園バッグだけが統一されたものでしたが、従わない人が1人いても園側は何も言いませんでした。
卒園まじかになり、娘のバッグが壊れてしまったので 他のバックで通園させたいと申し入れたところ 認められないという
ことで、怒り心頭の気持ちで一杯でした。他には従わない人もいるのにと、、。

ランドセルに準ずるのものであればなぜ認められないのか納得行かないですよね。

通学路は再考の余地があると思います。

投稿: まりん | 2016年3月31日 (木) 10時09分

団塊の世代について検索したら面白いのがあったので一部抜粋しますね〜

食に関しては、人並み以上のこだわりを持ち、自分の味覚が一番正しいと思い込んでいる。生半可な料理では満足できない。極端に言えば、自分で作った料理には満点をつける。そして、その自分に対して意見をする者は愚か者であるという決め付けをする。

店や店員を見る目は本部の査定員のごとく厳しい。店側が決めているルールに「横暴だ!」と反発する。

自分より若い世代の言うことには耳を貸さない。自分が一番正しく、自分の意見が世の中の意見。そんな自分に意見をしてくる者は許さない(ただし、自分から見て地位や権威のある人には平身低頭になる

投稿: | 2016年3月31日 (木) 11時03分

同調圧力に なんとなく(いいえ、嗅ぎ分ける)首を縦に振りたくない思いは 大事だと思います。団塊とかの括りではありません(笑)です。個体差かと、、、。選択は自由でありたいです。ランドセルが好きな人もいれば 別の鞄も同じように選択の根拠がそれぞれあり その思いを尊重する姿勢が大事だと思います。ましてや教育の場ですから基本的な配慮のように感じます。制服なら事前同意という前提でしょうが、なければ子供さんと親の選択決定がワタシも理想でーす。

投稿: のたり | 2016年3月31日 (木) 11時12分

マダム、ご無沙汰しております。
今日のランドセルのお話で、10数年前の、次男が小学校6年生の時の出来事を思い出しました。

6年生の3学期の初め頃だったか、次男のランドセルの片方の肩ひもに結構な亀裂が入っていることに気が付き、いつ切れてもおかしくない状態なので、残り僅かの小学校生活に彼が普段、塾や遊び用に使っていたデイバッグを持たせることにしました。
理由を確か連絡帳に書いたか本人から言わせたのか忘れましたが担任には一応理由を説明しました。が、そのデイバッグがたまたまワンショルダー斜め掛けのもので当時の小学生には少し珍しくカッコよく映ったのか、自分もデイバッグを使いたい、なんで○○(息子の名前)だけ、というクラスメイトがかなり現れたそうです。先生は次男のランドセルが壊れているからよ、と説明してくれたようですが、当時クラスはちょっとした騒ぎになっていた、と後日次男から聞きました。
そのとき「そうか、今は6年間ランドセルを使うことが大前提なんだ」と初めて気づきました。

そのうえ最近は「なぜあんなかばんを許しているのか」「うちの子もランドセルが嫌だといっているではないか」などといろいろクレームをつける親御さんもおられる、と小学校教師をしている従姉から聞いたことがあります。

お孫さんの学校も「身体上の理由」という「だれにでも納得させられる理由」がないと問題が起きかねないとたぶん考えられたのでしょう。
学校側とすれば結局は「親の責任」で済まされず、「学校の責任」として問題にされると考えてそれを回避するためということでしょうか。

個性的をはるかに上回る奇抜な名前を子供につける親も増えている一方、団体生活で個性を主張するのが難しいという、なにかとめんどうくさい時代になりましたね(笑)

投稿: けろちゃん | 2016年3月31日 (木) 11時21分

山手主婦さま
身体的理由が無い限り許さない・・・と聞きましたが良かったですね。

投稿: Mikageマダム | 2016年3月31日 (木) 13時21分

変なルールだらけの国、それが日本なんです。その集大成みたいなのが学校です。
理屈にあわないことは山ほどあります。
人のことあれこれいう心の狭い馬鹿もいっぱいいます。そういう保護者が増えました。
マダムやマダムのお母様みたいな人がたくさんいればどんなにいいでしょうか。
お嬢様もたかがランドセルで大変ですねー。
ところでこの前大阪の難波高島屋7階にある鼎泰豊に妹と妹の娘と3人で行きました。
台北のよりおいしかったです!お店もきれいで値段も高くなくおなかいっぱい食べました。淡路島の中華料理も豪華でおいしそうですねー。行ってみたいです!

投稿: shokola | 2016年3月31日 (木) 13時26分

まりんさま
四角四面の考えでは無く、臨機応変にとは願いますが、難しいのでしょうね。
ランドセルにコップや給食袋が入らず外にぶら下げてるのを見ると納得出来ません。
近くの女子校は長年白の手提げ鞄でしたが、最近デイパックを見かけます。

希望する通学路を申請できれば良いのですが、それも出来ないようです。


投稿: Mikageマダム | 2016年3月31日 (木) 13時28分

名無さま
当てはまる部分も一部有りますが、文章の全てが団塊の世代の特徴では無いと思います。

日本経済を担ってきたのは団塊の世代の力が大なのも事実です。

投稿: Mikageマダム | 2016年3月31日 (木) 13時33分

のたりさま
体操服など決められた事は守るのが当然です。靴、ノート、筆箱、傘等は自由で鞄はランドセル限定が不思議です。

皆同じ、平等、横一列が教育だとは思いませんね。

投稿: Mikageマダム | 2016年3月31日 (木) 13時41分

けろちゃんさま
次男さんのランドセルの件を伺うと、ランドセルが嫌な子供もいるんだな、と思いました。
身長160㎝以上で声変わりをした男子が、小さなランドセルを窮屈そうに背負ってるのを見たら私の目には不思議に映ります。

どうして学校は6年間ランドセル、と拘るのでしょう。好きな物を持たせたら良いと思うのですが。

新一年生でランドセル姿を楽しみにしている親や祖父母を否定する気は毛頭有りませんが、他に選択肢が有っても良いと思います。

投稿: Mikageマダム | 2016年3月31日 (木) 13時54分

shokolaさま
娘は自分が通っていた小学校なのに、当時と今では随分事情が違うようです。

6歳児はママに校内を案内され、校庭で「♪1年生になったら~♪」 と大声で歌っていました。

鼎泰豊は、京都高島屋に1号店が出来た時、神戸から友人や子供達10人位で出かけました。

淡路の中華料理店のシェフが御影にお店をオープンなさいました。御影へお越し下さい。

投稿: Mikageマダム | 2016年3月31日 (木) 14時06分

名無しさんの抜粋に、、、???です。
論点は ランドセル云々では?
団塊世代に対しステレオタイプの見解こそ、不自由な選択のなさと同種の根源を感じます、、、教育こそ
そこを糺せる力があるのに 悲しいです。

投稿: のたり | 2016年3月31日 (木) 17時21分

マダムが答えられる名無しさんへ 飛び越えるワタシも 団塊、、、ほらーといわれましょうか^^感情的ではなくニュートラルな気持ちで、つい^^

投稿: のたり | 2016年3月31日 (木) 18時03分

お孫さまのランドセルと通学路問題、
私も十数年前に娘で似たような思いを
いたしました。個性を主張すると確かに
標的にされたりしました。娘は性格が
とても個性的なので・・・。6年間、
よく頑張ったと思います。マダムの
お近くの女子校も今ではみんなが
ディバッグを背負っていますがおそらく
あそこは毎日7時間授業で荷物が
多くなったからかもしれません。
(白の手提げかばんでわかりました)
どちらにしても、本当に個性を重視する
ならばもう少し学校側も柔軟に尚且つ
毅然と対処していただきたいですね。

お話が飛びますが、最近は少しだけ
休日に友人と会う時間も作れるように
なり岡本の辺りを開拓中ですが
今度は御影にも伺ってみます(^^)
「椰林」さん。麺にとても惹かれました。

投稿: チェリーセージ | 2016年3月31日 (木) 18時17分

近くの女子校に詳しいので、発言させて下さい。
長年白の手提げ鞄と自由なサブバッグが、決まりでした。

たいていファミリアのデニムバッグでしたが、教科書などでパンパンになっていました。
リュックサックを背負ってる姿をみると、
エレガントではなく、遠足?と
違和感を持ちましたが学生は、エレガンスを背負う事が大事ではなく、教科書を背負わなくては!と

信号が無い見通しの悪い横断歩道は通学時間帯は、ボランティアの方が旗を持って立って下さるのでは?
そうであってほしいですね。

投稿: 神戸っ子 | 2016年3月31日 (木) 19時36分

のたりさま
言葉足らずの私を巧みな文章力でピタリと代弁して下さいまして、ありがとうございます。

投稿: Mikageマダム | 2016年3月31日 (木) 20時07分

小・中・高と、どんどん自由になっていきますね。
長男の通う高校は公立ですが、バッグは何でもOKですし校則もゆったりしています。
小学校時代はランドセルのみならずビックリするようなルールがいっぱいでした。
本当に細かく指示されました。
でも、子どもは小さな社会で規則を守るということを学んだのであろうと思います。
ルールに縛られながらも、個性豊かなお友達に恵まれのびのびと大きくなりました。
お孫さんの小学校生活が実り多きものになりますよう、お祈りいたします!

投稿: ミイ | 2016年3月31日 (木) 20時20分

チェリーセージさま
懇談会で手を上げて主張をしても他の父母や担任には理解して頂けませんでした。その時唯一同調してくれた勇気あるの女性がいました。
それは最近自宅にお招きした彼女です。

私学の進学校は授業時間が長くなり、とても昔ながらの手提げ鞄では教材が入らない故、校則を変えられたのでしょうね。

御影はパンやケーキの美味しいお店も多いです、是非お出まし下さい。
「椰林」のランチ良さそうですよ。


投稿: Mikageマダム | 2016年3月31日 (木) 20時26分

神戸っ子さま
白い手提げとファミリアのデニムバッグを重ねて持っていましたね。外側にデニムバッグ、が普通のようでした。
洗濯する日が決まってるのかしら?と思うほど皆さん真っ白な鞄でした。
そして昔、近くの男子校は白の風呂敷包みで登校していたのですよ。

コマ数が多い学校は教材が多いので学生も大変です。息子は中学で男子校に入り、肩に鞄のコブが出来ていました。

投稿: Mikageマダム | 2016年3月31日 (木) 20時38分

ミイさま
子供達は私立の中学校へ進んだのですが、入学時厳しい校則に従うことに何ら違和感は有りませんでした。

公立だから小学校は自由だ、と思ってる私が間違いだったのでしょうね。
貴重なコメントありがとうございます。

2人の孫達は私立、公立とそれぞれに進みますがお友達と仲良く、新しい環境に馴染んでくれればと願います。

投稿: Mikageマダム | 2016年3月31日 (木) 20時55分

毎日更新楽しみにしています。初めてコメントいたします。

公立小学校に通う娘がいますが、通学路は登校班の児童たちの話し合いで決めているようです。
以前の通学路で自殺された方がいて下校する児童が見てしまって以来、その道は通らないよう上級生から言われたそうです。

お孫さんの学校もさまざまな事情を考慮して通学路を決められてるのかもしれませんね。  

余談ですが私は兵庫県でも田舎出身で、神戸の学生さんがスカート丈が長くてファミリアのデニムバッグを持たれているのを初めて見た時は驚きでした。

投稿: ひつじ | 2016年3月31日 (木) 21時28分

ひつじさま
初めまして。
通学路に関して何とも痛ましいお話です。
胸がぎゅっとなりました。

子供達の時代は入学後、自宅から学校までの地図を書いて提出すればokだったのですが、今は事情が違うようです。

神戸の女子校はスカートの長さが決められています。皆長いです。

女子は幼稚園から高校までファミリアのバッグを持ちます。私は出産後もファミリアの白いビニールバッグにおむつや哺乳瓶を入れて愛用していました。

ファミリア・ラブな神戸市民です。

投稿: Mikageマダム | 2016年3月31日 (木) 21時48分

体操服が決められているように、ランドセルも「学校で決められていること」なのではないですか?鞄はランドセルでと指定されているんですよね?
そこを「ランドセルは嫌だからデイバッグで!」と言うのは、所謂モンスターペアレントなのではないでしょうか?
いくら「親が責任を持ちます」と言われても、持ち物の違いで虐めが発生した場合、その対応に追われるのは学校です。
鞄ひとつで虐めなんて…と思われるのでしたら、ご安心ください、鞄ひとつで個性なんて決まりませんよ。
むしろ虐めや「それがいいなら、うちはこれを認めろ!」と他の保護者が更なる要求を学校に求める(そして、その対応に追われる)火種になる可能性の方が大きいです。

投稿: | 2016年3月31日 (木) 23時47分

名無しさま
学校の説明会では鞄のことは触れられていませんでした。
決められていれば当然従います。
問い合わせて分かったことです。ランドセルを持たせると言うのが暗黙の了解だったことに驚いています。

投稿: Mikageマダム | 2016年4月 1日 (金) 06時40分

madam、
お久しぶりです。
私も団塊の世代ですが、名無しさんは何をお考えで、投稿なさったのでしょうか?!ちょっと気分は良くはありません。
Madam、我が孫も一年生です。ランドセルです。
我が子供達は帰国子女で、途中帰国で秋だった為、ランドセルが無く、神戸大丸さんが、いじめに繋がってはいけないから探しましょう!と、違うデパートまで探して下さいました。
帰国前に外国の横長の布のおしゃれなランドセルをこちらの様子に慣れてきた頃、持たせたら、皆さんが羨ましがってくださり、皆さんと仲良くなてたらしく、喜んで 日本製と両方持って行っていました。

投稿: ソラソラ | 2016年4月 1日 (金) 21時41分

ソラソラさま
お孫さまもランドセルなのですね。
今の時期でもネットでランドセルを購入出来良かったです。

私も使っていましたがランドセルより外国の横長の方が軽くて良いです。
ランドセルは甲羅を背負ってるイメージがあるのは私の偏見でしょうね。

投稿: Mikageマダム | 2016年4月 1日 (金) 22時11分

一族神戸 、時にお嫁ちゃんはファミリアのがシンプルでしっかりしていて、良かったそうで、それを孫が気に入ってくれて、変なのを選ばないか、ドキドキだったそうで、ホッとしたと言っていました。
(余分です〜、秋から の朝ドラのファミリア、、神戸人は楽しみ。知った方々をどのように展開されるのか〜。

投稿: ソラソラ | 2016年4月 1日 (金) 23時03分

ソラソラさま
今は色んなブランドがありますが、神戸の子供はファミリアと共に育ちました。

朝ドラは見ないのですが、ファミリアの板野さんは御影にお住まいでした、小磯良平さんもご近所で、晩年お散歩されてるお姿をお見かけました。

投稿: Mikageマダム | 2016年4月 1日 (金) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 香港海鮮料理「椰林(ヤリン)」 | トップページ | ハワイへ送信 »