« カツ&焼き野菜カレー | トップページ | 日が長くなりました。 »

2016年4月17日 (日)

春のお魚

九州では本震か余震か分からないほどずっと強い揺れが続いています。

阪神淡路大震災で被災した私ですが、神戸は今回ほど強い余震はありませんでした。九州の皆様はずっと緊張が続き、気が休まる事が無くとても不安な毎日をお過ごしだと心が痛みます。

他人事とは思え無いながら何も出来ない今、心を寄せて見守るしか有りません。


東北で被災なさった方から私のブログで勇気づけられたと伺った事があります。不謹慎では有りますが変わらずブログをアップさせて頂きます。




土曜日の夕食

写真: p1169683

淡路島のうにが出始めました。

写真: p1169673

角がピンと立った活きの良い美しいうにです。

生わさびとお好みで海苔を巻いて頂きます、家人は海苔無しです。

今しか頂けない油目の新子

写真: p1169662

成長が早いので、小さな物に出会うのはタイミングです。

赤いのが1匹入っていました、金目の新子でしょうか?

小麦粉を振ってカラリと揚げ、お塩を振って頂きます。

天然縞あじのたたき、青ねぎ、生姜、大葉、みょうが

写真: p1169649

「活きが良いので薄めに切って食べて下さい」とお魚屋さんに言われました。小さく切って薬味を沢山乗せ、たたきにしました。ポン酢をかけて頂きます。

最後の筍を煮ました。

写真: p1169655

春の味を存分に楽しんだ夕食でした、越乃寒梅も美味しく頂いてしまいました。









私が被災して一番困ったのは水が出ないことでした。リュックを背負い何キロも歩いてお水を探しに歩きました。

その教訓から常時20リットル置いています。

今日は雨で寒いでしょう、電気が早く点くように祈っています。




只今発売中

第二弾

Mikageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)




只今発売中

第一弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  


↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« カツ&焼き野菜カレー | トップページ | 日が長くなりました。 »

コメント

私も大阪在住ですので阪神淡路震災を経験してます。
なぜか直前に眼を覚ますと同時に地響きとも覚える轟音で横に寝る子達を抱きしめてました。

しかし、今回の地震は異常とも思える程の余震の回数です、被害や不安も相当ではないかと思われます。
助けられた命が失われていくのが、とても辛いです。

物資や電気も水も無く外で寝る方をみて、ここは本当に我々が信じてきた母国なのかと虚無感しかありません。

投稿: 女の本懐 | 2016年4月17日 (日) 10時19分

女の本懐さま
21年前近所の戸建ての友人は北から地鳴りが迫ってきたと言っていました。
マンションの私は「テロで爆弾がしかけられ倒壊するのだ」と観念しました。

我々は我慢強い国民です、希望を持ちましょう。

投稿: Mikageマダム | 2016年4月17日 (日) 10時46分

mikageマダムさま
初めてコメントいたします。

私は福島県の太平洋沿岸に住んでいて、5年前の震災の被災者です。
津波の被害は免れたものの、断水に深刻な物資不足、ガソリン不足になり、原発事故が発生し、当時子どもが乳飲み子でしたので、県外に避難せざるを得ない状況でした。

故郷が恋しくて、原発事故に由来する福島県に対する独特の視線が辛くて、毎日涙を流していました。

そんな時、マダムさまのブログに出会い、美味しそうなお料理のお写真を拝見している時は、心が和み、随分励まされました。

あれから、5年経ち、どうにかこうにか故郷で楽しく暮らしています。三年前に次男を出産し、二人の子供に振り回される日々ですが、普段の生活のありがたさを噛みしめながら生きてます。

いつか、マダムさまにお礼を申し上げたいと思っていました。いつもいつも、素敵なお写真有難うございます。

熊本の地震の被害が刻々と拡大し、本当に心が痛みます。余震が早く収束すると良いのですが。
自然を前に無力な私たちかもしれませんが、それでも、明けない夜はないと信じています。

投稿: ちょこ | 2016年4月17日 (日) 15時47分

ちょこさま
初めまして!初コメありがとうございます。
故郷に戻ることが出来、ご家族も増えてお幸せにお過ごしで良かったです。男子2人の子育ては体力勝負でしょうが先が楽しみですよ。

道路が閉鎖されガソリンも無く、徒歩で水の調達に行くのが毎日の始まりでした。兵庫県は当初自衛隊の援助を断ったらしく水も食料も不足でした。

被災者と県外の方との温度差に何度も悔しい思いをしました。
あの時を経験して私は強くなったと思います。

投稿: Mikageマダム | 2016年4月17日 (日) 16時31分

マダム今日はsun
暑い一日でした・私は近所のフリーマーケットに行ってました。
沢山の海の幸・・美味しそうですね・赤いお魚はどちらが召し上がったのでしょうかfish赤と緑の入った冷麦に小さい頃妹と取り合いした事思い出しました。
マダムがリュックでお水を探しにて・・想像しただけでも辛くなります。
神戸から一時間と少しの場所の私達はいつもと変わらない生活をしていました。
線路を歩いてボランティアにも一度だけ伺いましたが・・私は駄目ですね・・泣いてばかりでお手伝いが出来ませんでした。
私もお水2ケーストイレットペーパも3袋置いてます生協さんに頼んで。
マダム、マダムのこのブログは沢山の人に勇気や幸せたまにお笑いを・・いつまでもいつまでも続きますように・・家人様のお笑いも愉しみです。lovely

投稿: aiko | 2016年4月17日 (日) 17時08分

aikoさま
赤いお魚はピンク好きの3歳児がパクりと食べていました。

震災後は被災した方のお家再建のお手伝いを何軒もさせて頂いていました。大工さんが足らず海外から助っ人をお願いしました。彼らの食事作りもやっていました。
当時は前へ進むことしか頭に無かったですね。


投稿: Mikageマダム | 2016年4月17日 (日) 19時19分

フランス海辺に在住で震災の経験はありませんがヨーロッパを2回の大きな嵐では怖い思いをしたことがあります。時速100kmを超え満潮時で我が家は無事でしたが隣町は全部浸水地域と指定されみな引っ越しを余儀なくされました。この界隈を通ると何もなく草がぼうぼうと生えていて悲しいです。私の高齢の叔母たちは神戸震源地東灘区全壊でした。思い出が何も無くなってしまったといっていました。偶然辿り着いたプログなのに一言言葉を残したいと思いました。早く住民の方々が不安から解放されるよう心から祈っています。

投稿: fleur de sel | 2016年4月17日 (日) 19時22分

fleur de selさま
初めまして!初コメありがとうございます。

自然の脅威に為す術が無い小さな人類だと痛感しています。

我が家も東灘区です、周りはすっかり様変わり、昔の記憶だけが脳裏に残っています。

これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

投稿: Mikageマダム | 2016年4月17日 (日) 19時43分

マダムは・自分の持つ力を出し惜しみする事無く人助けをしてらしたのですね・・震災の時にはそうするのでしょうか・・家族や知り合い関係無く・大工さんの食事なども・・マダム自身も被災していたのに・・トイレやお風呂なども困ったのでしょうね・・思い出したくないですよね・・
熊本の避難場所で赤ちゃんの居るお母さんが泣き声がうるさいからって気を使っていました、仕方ないのに大人は我慢できるのにと・・今夜はお風呂に入れているのでしょうかしらん?
今夜も南の島に心を寄せて・・・

投稿: aiko | 2016年4月17日 (日) 20時54分

aikoさま
崖崩れで避難勧告を受けた友人とお嬢様家族4人を我が家で預かっていたこともあります。
水と電気が使える様になれば、友人家族を割り振りお風呂を使って貰いました。

当時病院では停電の中、出産がありました。そのママは亡くなったお子さんを抱いて病院へ来て、そこで産気づいたのです。

投稿: Mikageマダム | 2016年4月17日 (日) 22時01分

熊本に住んでいます。
私は山鹿市という熊本でも北部の方で益城から車で1時間ほどですが、震度4、5クラスが次々にきてこんなに恐ろしいものかと初めて知りました。
益城町の隣の東区に住んでる弟家族は、避難所でもひとり1個のあんぱんだけだったそうです。やっと昨夜から水が試験的に出始めましたが濁っているそうです。
普段のなんでもない暮らしがこんなに幸せなことだったのかと改めて思います。
マダムのように水への備えなど防災意識を日ごろから持たなくてはと身に染みています。
先ほど兵庫県の救急車両を見ました。
全国の皆様、本当にありがとうございます。

投稿: miho | 2016年4月18日 (月) 16時23分

mihoさま
長く続く揺れに怖い思いをなさっていることでしょう。どうぞお気を付け下さい。

皆様充分なお水と出来たての暖かい物が食べたいと思います。トイレとお風呂も不自由なさってる事でしょう。

21年前電気だけは直ぐ復旧しましたが水道、ガスが復旧するまでは1ヶ月ほどかかりました。
我が家は避難所に行かずで何とか自宅で過ごしていました。

入院患者さんでさえ1日にバナナ1本だけと聞いたら元気な私は食べなくても大丈夫と覚悟をしました。
貴重なお水は救助に出ている家人にと置いていました。反対にお水を飲まないと腎臓に悪いと家人に注意されたのでした。

近所で給水車を見たときの喜びは忘れられません。ポリペールにビニール袋を入れてそこに水を貰って代車で運ぶのが良い方法の様です。

募金の体制が整うのを待っています。
国民が総力をあげてバックアップしましょう。

投稿: Mikageマダム | 2016年4月18日 (月) 17時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カツ&焼き野菜カレー | トップページ | 日が長くなりました。 »