« 赤と緑の食卓と芍薬 | トップページ | 北海道展 »

2016年5月20日 (金)

京都で会食

毎月お約束の食事会です。

ハワイから一時帰国なさっている友人もお誘いして京都へ行きました。

カウンターに6人が並びます。

先付けとお印のお酒

写真: img_7601

蓮根サーモン、アスパラ、高知のトマト、オクラ、蛸の旨酢かけ。

スッキリとした盛り付けに若きご主人のセンスが光ます。

お酒好きの3人が隣り合わせに並び,美味しい先付けで1合を飲み干す勢いです。

椀物は穴子、白ずいき、うど、ごぼう

写真: img_7603

端午の節句に合わせてうどは矢羽根に切って有ります。

もう少し柚子の香りが効いても良かったかな・・・白で統一するなら吸い口に柚子の花はどうでしょう。緑をアクセントに果肉を取り除いた柚子の輪切りも良いかもしれません。

お造りはかれいの一塩、鮪、ひらめ

写真: img_7605

目の前で見たひらめはとても大きな上身でした。

八寸、黒塗りの長皿に3人前が盛り込まれています。

写真: img_7607

目の前でご主人が盛り付ける様子を眺めるのはとても好きです。

5月なので最後に菖蒲とよもぎの束を置いて、盛りつけはビシッと決まりました。

見事に巻かれたちまきの中は鯛のお寿司、甘酢生姜、金目鯛の南蛮漬け、うすい豆、奥には椎茸の白和え

器の中はもずく酢

写真: img_7609

黄瀬戸の器で八寸を取り分けて頂きます。

目の前で焼かれた鮎と蓼酢

写真: img_7611

2匹目は長皿に盛られて出て来ました。柳と白い石を使い、まるで川を上る鮎のように見えました。

写真: img_7613

炊き合わせはよもぎ豆腐、賀茂茄子、万願寺唐辛子、木の芽

写真: img_7617

最高気温29度の京都ではお料理も夏模様ですが、よもぎを使って春の余韻も感じられます。

ご飯

写真: img_7622

新生姜のご飯、見えないほど小さく刻まれた薄揚げ。

新生姜は刻んで茹でて乾かして炊いて・・・と作り方を伺えばとても手間暇が掛かった生姜ご飯でした。

赤だしにはこんにゃくが入っていますが、これも只のこんにゃくでは無さそうです。

前の炭火で焼かれたお肉と柚子胡椒、沢庵。

デザートは日向夏入り餡の和菓子、最後にお薄を頂きました。


寄り道もせず帰って来ましたが駅に着いたら4時15分、長い昼食会を楽しんだ1日でした。







只今発売中

第二弾

Mikageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)




只今発売中

第一弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  


↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« 赤と緑の食卓と芍薬 | トップページ | 北海道展 »

コメント

マダム、おはようございます。
お身体の調子はいかがでしょうか?
京都での会食、どのお料理も美しく、朝からうっとりしています。
また、リハビリでしんどくても毎日きちんとお料理されてるマダムの夕食にも頭が下がる思いです。最近娘がダイエットするというので、毎日ダイエットメニュー考えるのに頭を悩ませています。カロリーを考えながら料理するのって難しい。楽しくないです。
おまけにお給料日前だから、余計に楽しくないです。そんな時に母から電話があり、お肉あるよ〜と。早速取りに行ってきました。お給料日前になると、いつも気をつかってくれます。ありがたいことです。母も糖尿や血圧で、カロリー制限や毎日にウォーキングなどしています。
マダム、ご無理をなさらぬよう、リハビリ頑張ってくださいね。

投稿: つねみん | 2016年5月20日 (金) 07時52分

いいお店って言うのがわかります。マダムのセンスがいいからお椀に緑色がいい、っていうのもそうかーって思いました。もう少しお出しが透明だったらもっときれいでしょうね。モダンアートみたいで。
最後のお肉がいいですね。ちょっとだけっていうのがいい。おいしい懐石に縁がないので早く風邪なおしてどんどん新しいお店行ってみたいです!

投稿: shokola | 2016年5月20日 (金) 10時42分

つねみんさま
ご心配頂きましてありがとうございます。毎日の生活は普段通り出来ています。

ダイエットなら何時ものお食事を少し控えるだけでも効果あると思いますが、それではダメなんでしょうね。

私は足の細いのがコンプレックスになって来ました。ウエストのお肉が足に下りて欲しいです。
今日のリハビリ未だワンセット残っています。

投稿: Mikageマダム | 2016年5月20日 (金) 18時34分

shokolaさま
お出しは清んでいましたが器が薄鼠色なので写真では上手く表せませんでした。

お肉が無いと寂しい方には嬉しいでしょうね。私は香の物が後1種類、壬生菜か水茄子が有れば嬉しいです。

お風邪だと味が分からないですね、早く食欲が出ますように。

投稿: Mikageマダム | 2016年5月20日 (金) 18時39分

マダム・出町柳のお店ですね。新生姜のご飯作り方聞いて良かった、そのまま刻んで作りそうになりましたsweat01
もずく酢のお皿そんな訳で大きいんですね。
今日も電車やデパートは冷房が効きすぎてお腹が痛くなりトイレで冷や汗物でした・・いつもならスカートにレギンスを穿いているのに・・今日は診察だからフレアーのスカートとサンダルでした。
今伊勢には帰れませんIDが無いと入れないそうです・ホテルも少し値が上がっています。

投稿: aiko | 2016年5月20日 (金) 20時46分

aikoさま
私も新生姜は刻んでそのまま炊いていました。

もずく酢を乗せたお皿は八寸の取り皿で、私が最初にもずく酢を乗せただけの写真です。

サミットのせいで伊勢はそんな事になってるなんて知りませんでした。
無事にサミットが終わって欲しいですね。

投稿: Mikageマダム | 2016年5月20日 (金) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 赤と緑の食卓と芍薬 | トップページ | 北海道展 »