« 1人ご飯 | トップページ | 祇園祭りと鱧 »

2016年7月17日 (日)

5時間の逢瀬

東京から友人が神戸にお越しになりました。


三ノ宮駅で待ち合わせの約束、エスカレーターから降りてくる人々を見ていたら後ろから「奥様イヤリングがお綺麗ですね」と声をかけられ振り返ると彼女でしたhappy01

6時に旦那様が新神戸にお着きになるのでそれまでの5時間2人でしゃべりまくる算段です。

ランチはタイ通の彼女の為にこちらを予約しました。

写真: img_7984

人気のお店、予約していても6人掛けテーブルに衝立を置かれ2人は横並びで座ります。

写真: img_7989

テーブルに案内されて彼女は「横に並ぶの?」と爆笑。

タイビールで乾杯!

お料理が運ばれた時点で衝立は畳んで取除かれました、ランチのピークが過ぎた様です。

彼女は前へ移動して向かい合わせで食事のスタート。

写真: img_7998

お店お勧めのいかと貝柱の炒め物は辛さレベル2、ソムタムは辛さレベル1でお願いしました。

辛さに強い彼女はもっと辛くても良かったようです。

コクのあるカレーは辛さレベル2

写真: img_8002

甘さが勝っていて辛みは気になりません、ほぼ完食しました。

バッタイ

写真: img_8005

麺の硬さもお味も良いのですが食べきれません、どのお料理もたっぷりの量なのです。

「お持ち帰りになりますか?」と聞かれたのでお願いしたら、タイの屋台の様にビニール袋に入れてくださいました。家人のお土産が出来ました。


2人で4皿は良く頂きました。

場所をサイゼリアへ移して又おしゃべり、年齢も環境も違う2人ですが話題は尽きません。

名残惜しいながらも再開を約束して5時過ぎに彼女はチェックインの為ホテルへ、私は駅へ向かいました。

彼女とは京都、大阪、東京、神戸、色んな所で会ってきました、次回はどこで会うかもわかりませんが、またしゃべり倒しましょう。






只今発売中

第二弾

Mikageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)




只今発売中

第一弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  


↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« 1人ご飯 | トップページ | 祇園祭りと鱧 »

コメント

イヤリングの声掛け、粋で愉しいご友人さまですね〜!環境違えどお気が合うお二人なのですね。

三連休も仕事の夫にせめて何が食べたいかを聞いたら鱧だと…関西出身の彼のリクエストに驚きました。マダムの食卓に学ぶ私はヨシ!と奮発して骨を断ってもらった淡路の鱧を仕入れてきました。
フライと先ずのお椀に仕立てようとマダムレシピに首ったけで葛もスタンバイ。
さて、ぼたんのように咲くでしょうか。

投稿: 新米シェフ | 2016年7月17日 (日) 17時41分

新米シェフさま
我が家も今夜は鱧です!
祇園祭には鱧!やはり関西人のご主人様ですね。
リクエストに応える新妻の力量に拍手ですsign03
お帰りを待った鱧が綺麗にボタンを咲かせますように。

今宵友は有馬の湯でほろ酔いだと思います。

投稿: Mikageマダム | 2016年7月17日 (日) 18時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1人ご飯 | トップページ | 祇園祭りと鱧 »