« 暖かい食事はご馳走 | トップページ | インド・ネパール料理 »

2016年11月26日 (土)

徳を積む

9時半から2時間の整体を受け、英語のレッスンに出かける前に1度帰宅。

うつ伏せで施術を受けているとメイクは崩れ落ち、ヘァスタイルも乱れます。手直しして三ノ宮へ出掛けました。

そごうで食材を買ってゆっくり頂く休日前の献立

鮭のみぞれ和え

写真: p1254389

銀杏を乗せました。

牡蛎と銀杏の茶碗蒸し

写真: p1254414

かますの幽庵焼き、甘酢生姜

写真: p1254397

牡蛎、ベーコン、アスパラ炒め

写真: p1254403

蕪の柚子味噌

写真: p1254405

柚子を頂いたので柚子を使ったお料理が3品出来ました。

三ノ宮から帰る時、折り返す電車に乗って座ろうとしたら肘掛けの側にヴィトンの財布が落ちていました。

拾って業務交代の為ホームを歩いて来られた車掌さんに手渡しました。その場で財布を開け「現金が入ってますが・・」と言われましたが「私は中身を見ていません、きっと困っていらっしゃると思いますので」とお願い致しました。

娘は、財布とキーケースをすられ大事な物全てを無くし途方にくれていたことが有ります。

娘ににLINEでお財布を拾った事を伝えたら「先ほど○○に徳を積むと言う話をしていたところです。」と返信がありました。思わず「え~?」と返しました。

一年生に何と言う難しい話をすることでしょう・・・・少しでも彼の心に残れば良いのですが。







只今発売中

第二弾

Mikageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)




只今発売中

第一弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  

↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« 暖かい食事はご馳走 | トップページ | インド・ネパール料理 »

コメント

いつもわくわくしながら拝見しております。今日のブログで急に茶碗蒸しを作って食べたくなりました。なかなか茶碗蒸しを作らないのですが、今日はやる気満々で作ります。家人が喜ぶでしょう。ありがとうございます。

投稿: 田中杏子 | 2016年11月26日 (土) 11時32分

マダム、こんばんは!
私も茶碗蒸しが食べたくなりました!
お店みたいなお出汁たっぷりのトロンとした茶碗蒸しにチャレンジしたいです。
確か青本に載っていましたね。
明日、是非作りましょう。
徳を積む・・・お嬢様はしっかりママさんですね。
私も折に触れて、人の役に立つ事を自分の喜びとして感じられる人になってねと話しています。
大切な事だと思います。

投稿: ミイ | 2016年11月26日 (土) 18時14分

お酒もご飯も進みそうなお献立にうっとりです。家人さんも夕食にはあまり白米はお召し上がりになりませんか?
(夫は後半からご飯なので、本来要らない私は献立にそこを悩むのでお勉強になりました)

まあヴィトンの持ち主さん、ここをみてたりして!お嬢様にLINEをしたマダムが愛くるしい(失礼)です。
親切は相手が見えるし感謝もされるけれど、誰もみていないところで善い事が出来たらなら、徳が積まれるのでしょうかしら…?難しい概念です。
いつか兄君には将棋をさしながら教えて頂ける日がくるような気がします!

反省の追伸
昨日、スープカップと受け皿の取合わせが可愛いですねと書けば良かったです。
マダムをきょとん?とさせてしまったかしらと赤面至極です、わたしは国語力も積まねばなりません。

投稿: 新米シェフ | 2016年11月26日 (土) 22時26分

田中杏子さま
寒い時の茶碗蒸しは特に美味しいと思います。
男性は特に茶碗蒸しが好きなようです。ご主人さまもお喜びでしょうね。

投稿: Mikageマダム | 2016年11月26日 (土) 22時32分

ミイさま
今月お料理のお稽古で習った茶碗蒸しをお復習いしました。
牡蛎が苦手な家人が「美味しい」と食べてくれました。

徳を積むとは自分が自然に身についた優しい思いや行動がどなたかのお役に立つ事があれば幸い、と私は思っています。

投稿: Mikageマダム | 2016年11月26日 (土) 22時49分

新米シェフさま
私達はアルコールばかりで滅多にご飯を頂きません。
今朝は和食にしたので頂きました。

娘は徳を積むとは「思いやりを持って優しく人に接しなさい」とお兄ちゃんに話したのでは無いかと想像します。

お皿は亡くなった友人から頂いた品で使う度に彼女を想います。

投稿: Mikageマダム | 2016年11月26日 (土) 23時03分

「徳を積む」とは少し意味が違うのですが、私が受けた素敵な贈り物を思い出しました。
去年の私のお誕生日にお気に入りのレストランで食事をしました。
チェックの際、私が頼んだ白のボトルワイン(夫と私は赤白それぞれ1本ずつオーダーします)を全く見ず知らずの方が支払って下さったと言うのです。
「pay forward」と聞いた事はありますが、まさか自分に訪れるなんて!と感激しました。
それ以来、私も出来る機会があればと心掛けています。

投稿: キャスリン | 2016年11月27日 (日) 09時23分

キャスリンさま
ドレスアップしてお誕生日ディナーにお出かけ、きっとレストランの皆様はその美しい姿に魅了された事でしょう。
勇気ある素敵な男性からの粋なプレゼントだと思います。未だかって私の人生では経験の無いこと、羨ましい!!

投稿: Mikageマダム | 2016年11月27日 (日) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 暖かい食事はご馳走 | トップページ | インド・ネパール料理 »