« 日曜日の夕食 | トップページ | 冷蔵庫の掃除 »

2016年12月 6日 (火)

12月の献立

時間がたっぷり有る日のお献立は和食にしましょう。

蕪と菊菜、柚子

写真: p1054598

キッチンに入ったら先ず鰹と昆布のお出汁を取ってから調理にかかります。

蕪が美味しい時期、直炊きにしました。


鰹と昆布出し汁   300cc
酒      100cc
味醂    45cc
塩     小匙1/2
薄口醤油  大匙1~ 
<作り方>
①蕪は上下を落とし厚く剥く
②出し汁、酒、味醂を鍋に入れて蕪を入れて火に掛ける
③暫く煮てから塩、薄口醤油を入れ竹串が通る迄煮るが柔る

ゆっくり炊きあげた蕪を崩さ無いように木しゃもじ2本を使って器に盛り付けます。後のお出汁に菊菜の葉の部分だけを加えて温め添えます。

柚子の千切りを天盛りに。


粕汁

写真: p1054610

塩鮭、大根、金時人参、こんにゃく、薄揚げ、青ねぎ、一味

お酒の肴3種

写真: p1054592001

芹の胡麻和え

なます

蓮根、こんにゃく、金時人参のきんぴら

鰤のくわ焼き

写真: p1054601002

鰤にはお決まりの沢庵

写真: p1034568

梅田阪急百貨店の催事で買った美味しい沢庵有りきで鰤の鍬焼きにしました。

写真: p1034566

沢庵は縦2つに切ってから斜めの薄切りにすると美味しいとお店の方に教わりました。

ポリポリと食べすぎてしまいます。





開催されている神戸ルミナリエ、今年は噴水広場に食のブースが設置されています。

オリエンタルホテルのカツカレーバーガー、老祥記の豚まん、淡路のウエスティンホテルのクロワッサンサンドイッチ、等兵庫の味が60品が用意されています。140円~1000円で販売です。

11日まで開催されています。









只今発売中

第二弾

Mikageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)




只今発売中

第一弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  


↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« 日曜日の夕食 | トップページ | 冷蔵庫の掃除 »

コメント

おはようございます!久しぶりの伝統的な和食。さすがの美しさ。私は今日、また学びました!そう!こういうものは決して山盛りにしたらダメっていうことを。マダムのように少しずつていねいに器にいれるのが大事なんですね。(今頃何を言ってる!って感じですが)
あ、マダム、淡路のホテルはウエスティンですよ。また、可愛い言い間違い!

投稿: shokola | 2016年12月 6日 (火) 09時06分

shokolaさま
ご指摘ありがとうございますウエスティンで「グ」は要らなかったですねbleah

昨夜は鰤と共に美味しい炊きたての新米を食べてしまいました。

投稿: Mikageマダム | 2016年12月 6日 (火) 09時57分

御影マダム様、はじめまして。
2年前、偶然にマダム様のブログに出逢いまして、それから、マダム様のブログを拝見することが、私の日課となりました。毎日の献立の参考にさせて頂いておりますが、お味、盛り付けなど、マダム様のお料理には、ほど遠いようです。2006年からのブログも、繰返し拝見していたのですが、3、4日前から、突然、以前の写真が表示されなくなってました。not authorized と、表示されるのですが、どうしてでしょうか?娘のスマホから拝見しようとしても、同様な表示がでるのですが、スマホからは拝見できなくなったのでしょうか?

投稿: ひろびー | 2016年12月 6日 (火) 16時14分

美しい蕪は先の有次のお鍋でお作りでしょうか。
皮を厚く剥く、木べら二本で優しく取り上げる、その後菊菜をあっさり湯(出汁)がく、など秘訣が満載で「こんなにコツが散りばめられたら、冬の星空みたいじゃない!」と内心、声を大にしてみました。

この冬は初めて沢庵作りに挑戦しました、柿漬けという手法もあるのですね〜。鰤と一緒に食べるのが楽しみです。

投稿: 新米シェフ | 2016年12月 6日 (火) 16時46分

ひろびーさま
初めまして!初コメありがとうございます。
私も日曜日に以前の記事を見たら写真が消えていました。PCもスマホもです。
調べたら写真を保存しているサイトがトラブルの様です。
ご不便をお掛け致します。明日にでも再開されるように書いて有りますがどうでしょうね。

お知らせありがとうございました。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

投稿: Mikageマダム | 2016年12月 6日 (火) 21時21分

新米シェフさま
有次のお鍋は粕汁デビューとなりました。

蕪を出されてパクパクと4口で食べられたら余りに悔しいので「手が掛かっていますの」と恩着せがましくと記して置きました。

祖母は渋柿の皮を干して沢庵を漬けるときに加えていました、甘みが出るのでしょう。
手作りの沢庵はきっと美味しいでしょうね。
お若いのに小まめに何でもこなされて尊敬致します。


投稿: Mikageマダム | 2016年12月 6日 (火) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日曜日の夕食 | トップページ | 冷蔵庫の掃除 »