« ナポリタン | トップページ | 冬にあせも »

2016年12月20日 (火)

はりはり鍋

細川讓光氏の作品展が開催されている小さなギャラリーへ行って来ました。

エレベーターが無い集合住宅の2階にあるギャラリー、ドアを開けると白くオシャレな空間です。

家具の1つ1つが拘り抜いた物、ディスプレーの仕方が大変お上手。

猫柳の枝をバランス良くピン1つで壁に飾って有るのもその1つ。アンティークな本箱を白くペイントし小さなガラスの器が飾られています、棚の1段に緑のフウセンカズラが横1列に並べられているのも素敵です。

アクセントカラーとして竹籠に入った沢山のカリンが良い香りを放っていました。「カリンを頂いたのでのエキスを作ろうと思っているのですよ」と若い女性が、「エキスですか?」と聞いた私に本を見せて下さいました?

ミキサーに掛け漉して煮詰め、砂糖とレモンを加えると赤く変色すると書いてありました。


初めて伺ったのですが親しく色んなお話しを聞かせて頂きました。

次は常設展が始まるそうです。







夕食は鯨のはりはり鍋

写真: p1194877

私が切った鯨が分厚過ぎたので家人が器をキッチンへ持って行き薄く切り直してくれました。

鯨と水菜を食べたら卵を落として半熟状態で取り皿に取ります。最後は丸餅を5つ炊いて頂きました。(家人が3つ、私は2つ)


おばけの酢味噌は家人の好物

写真: p1194887

鯛の子

写真: p1194885

京都から届いたお漬け物達

写真: p1194868


お正月用にお酒を買っていても直ぐ飲んでしまいます。又仕入れる必要があります。


今日はお正月用の鶏肉の予約に行きます。紙に電話番号、名前、商品名を書いて手渡しします。

お魚屋さんには鯛の子を追加してきます。

今年も後10日となりました。










只今発売中

第二弾

Mikageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)




只今発売中

第一弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  


↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« ナポリタン | トップページ | 冬にあせも »

コメント

はりはり鍋にはおあげさんが入るんですね。マダムのはいつも上級者が作ったってわかります!
揚げといえば、昨日大根と一緒に炊いたんです。味噌汁も作りました。サバは焼いたの買ってきました。もうね、すべてだめでした。泣きそうでした。まずくて。かなりあきらめてます。和食に関して野心をもつのは。サバは私のせいではないんです。魚屋のおじいさんが焼きすぎ。ジェリーがその店のサバ、前においしかったからどうしても行く、って聞かなかったからです。今朝、オムレツはうまくできたのでそうゆう易しいやつだけ作っておきます。

投稿: shokola | 2016年12月20日 (火) 18時43分

shokolaさま
お味噌汁、根菜に続き又失敗でしたか?
大根とお揚げさんのたいたんは簡単そうに見えて難しいお料理です。私も成功と思う確率は低いです。

私も今夜鰆のお料理焼き過ぎました。

投稿: Mikageマダム | 2016年12月20日 (火) 22時00分

はりはり鍋は年の瀬という感じします。
おばけ、父も好物でしたが我が家では鯨がすっかり幻のお料理となってしまいました。
父が酢味噌を自分好みに調整してた姿が懐かしいです、スーパーから携帯で「お父さんの酢味噌のレシピ教えて」と聞いたのも良い思い出です。(酢橘やカボスなど柑橘果汁をいれるのがポイントで)

マダムのお父様の好物で幻のお料理となったものもあるのかなあ…と想像した今夜です。
おやすみなさい。

投稿: 新米シェフ | 2016年12月20日 (火) 23時04分

新米シェフさま
父は鍋奉行でしたがすき焼きをすると母と「甘い」「辛い」と意見が合わないのですき焼きは御法度になっていました。
1度だけ母が作った鱸のパイ包み、何十年も父の自慢でした。

投稿: Mikageマダム | 2016年12月21日 (水) 07時42分

これまで 3度しか作ったことがありませんが 3度ともほめられたポテトサラダ。ミキサーで ツナ缶1個、マヨネーズ大さじ2、ケイパ―大さじ1、アンチョビ1本、レモン小さじ1、タバスコ少々を混ぜ ポテトサラダをあえます。サラダには ニンジン、玉ねぎ、キュウリなどを入れます。少し 蜂蜜をソースに入れてもいいかもしれません。このソースは 何かで見た 「ゆで豚ツナソース」があまったので ポテトサラダをあえたら おいしかったものです。私は 蜂蜜は使用しません。
普段のポテトサラダは 雑誌でみたグッチ裕三さんの奥さんのレシピ。 茹でてつぶしたポテトに生玉ねぎを入れて マヨネーズと蜂蜜少々であえるだけのものです。雑誌には コンフィデンスミルクとなってました。

投稿: ぽとふ | 2016年12月22日 (木) 12時57分

ぽとふさま
丁寧なポテトサラダ出すね、凄いです!

中華料理を習っているときシェフはポテトサラダにコンデンスミルクを入れていました。香港のマヨネーズは日本の物より甘いそうです。

投稿: Mikageマダム | 2016年12月22日 (木) 15時39分

遅れたコメントにお返事ありがとうございました。
そういえば 周さんの得意料理だった「エビのマヨネーズあえ」にもコンデンスミルクが。
鯨料理といえば 鯨の皮つき脂身と 切干大根とゴボウを同じくらいの大きさに切り 切干のもどし汁と 甘口醤油だけで煮て 熱いご飯に混ぜると おいしいです。数回口にした 親族の法事の定番です。

投稿: ぽとふ | 2016年12月24日 (土) 13時32分

ぽとふさま
鯨を頂く地方は限られているみたいですね。
召し上がらない方が多いです。

法事の時の定番料理、初めて伺いました。お味の想像をするのが難しいです。

投稿: Mikageマダム | 2016年12月24日 (土) 16時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ナポリタン | トップページ | 冬にあせも »