« 呼子 | トップページ | 竹崎のお宿 »

2017年1月11日 (水)

Ristorante MATSUSHIMA

我々4人と唐津からお越しのご夫妻と10時発の新栄丸に集合です。

ハワイの結婚式に立ち会わせて頂いた唐津のご夫妻は結婚5年目になるそうです。未だ未だラブラブのお二人、眺めていると私まで笑顔になります。


船内でお話しをしていると15分程でひょうたん型の松島に着きました、港に赤い屋根の教会がまず目に入りました。小さな島に20軒、50人程の島民は全員がカソリック信者だそうです。

写真: img_0755

下船する時に見た海は透明度が素晴らしく高い濃いブルー。

コック服を着た若者2人がいっぱいの笑顔で船までお出迎え下さいました。船のロープを引き寄せ危なく無いようにとの心くばり。

友人達からご紹介を頂いたシェフは「お店まで坂道を上って頂かねばなりません、小さなトラックを持って来ましたので・・・」と私達を気遣って下さいましたが若きシェフのお話しを伺いながらご一緒にお店まで歩く事にします。

急な坂道で少々きついとは思いましたが何とか辿り着きました。

Ristorante MATSUSHIMA

ご実家を改装して開業なさったレストラン。子供の頃から漁師のお父さまの姿に憧れ料理の道に入り、更に2日前から潜りを始めたと伺いました。「父がかっこ良くて・・・父には及びませんが・・・」と心からお父さまを尊敬なさるお気持ちが私達にも充分伝わります


雨上がりでこの景色、晴れていたら如何ほどでしょう。

写真: img_0723_2

左がシェフのご長男、サービスは3男、彼らは4人兄弟で他のお2人は東京でお仕事に就かれていると伺いました。

写真: img_0727

本日の食材、シェフご自身が収獲なさった物も有ります。

アミューズはさざえのエスカルゴバター

写真: img_0728

野菜も入り量がたっぷり、メインになるお料理です。

前菜

写真: img_0731

カクテルグラスの中はもずく、バルサミコで洋風に仕上がっています。もう一つの器にはなまこ。

私ならこのプレートで白ワイン1本楽しめます。

続いてお刺身が出て来ました。お醤油とオリーブオイル、柚子胡椒を好みで付けて頂きます。

写真: img_0735

量が多すぎて勿体ないのですが残してしまいました。

ムール貝

写真: img_0737

蟹のパスタ

写真: img_0738

トマトソース、生クリームがもう少したっぷりあれば最高です、」

アクアパッツァ

写真: img_0742

ピンぼけですが大きなフライパンで仕上がりました。



蟹1匹づつ

写真: img_0743

旨味が出ていてとても良いお味、これも量が多いです。

ソースでリゾット

写真: img_0746

スプーン1杯のリゾットですが美味しくてワインと共に味わいながら4口で頂きました。

アップルパイとアイスクリーム

写真: img_0749

デザートナイフがある方が頂き易いです。

お魚はお父さまとシェフが捕らえ、野菜はお祖母さまやご親戚の方が育てて提供されるそうです。

全て新鮮な食材で調理される様子を眺めながら頂くお料理は尚更美味しく感じます。

若い兄弟の息の合ったチームプレイは見ていても気持ちが良い物です。これからお料理もサービスもどんどん研きがかかる事と遠い神戸から応援しています。



お玄関で素敵なお父さまが待っていて下さり、皆様と記念撮影させて頂きました。

13時発の新栄丸に乗って呼子へ帰ります。

写真: img_0756


シェフとお話ししながら港まで降りてきて私達は乗船します。彼は防波堤に駆け上り先端まで来て跪き、手を大きく振ってくれました。私達も手を振りました。


又お目に掛かる日を楽しみにしています。




只今発売中

第二弾

Mikageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)




只今発売中

第一弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  


↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« 呼子 | トップページ | 竹崎のお宿 »

コメント

 あけましておめでとうございます。

 10日はあずきがゆで 赤かぶ漬け サケなどを 夕食に食べました。

 唐津には 甘口醤油があるので 保存料がはいってるものがほとんどですが 小瓶でよかったら お試しください。

 今年も マダムのブログと 料理と同じくらいの コメントのお返事の妙が 楽しみです。

 今年もよろしくお願いいたします。

投稿: ぽとふ | 2017年1月11日 (水) 11時30分

お魚がとても新鮮なの、わかります。
ほんとに目の前の海からの恵みですね。
ワタリガニが有名なお店でしたっけ。
こんなお店があるんですねー。ため息。

投稿: shokola | 2017年1月11日 (水) 11時52分

松島にいらっしゃったのですね。

住民が数十人の島にこの様な素敵なrestaurantがあるなんて知りませんでした。

松島教会は一度訪れたい教会です。今は主日のミサだけ呼子から神父様がお越しになるそうです。

国民の 2パーセントのローマンカソリックの国ですのに島民全員が信者とは凄いですね。

投稿: ばばちゃま | 2017年1月11日 (水) 12時39分

良きご縁が良きレストランにつながるのですね(^o^)

10年以上昔、主人の仕事で九州にいた頃に呼子にはしばしばイカを食べに行きました。

生き造りでお刺身にされても動く元気で透明なイカは大変に美味しく、お刺身に飽きたら天ぷらにしてアツアツを塩でいただいたら、これまた若い頃でしたから美味しく完食したのが懐かしいです。

今はこんな素敵なレストランがあるのですね!

主人のリタイア後のかつての勤務地を巡る旅で尋ねてみたいです(^-^)v

良きご旅行をお祈りしております❤

陸奥の京女

投稿: めね | 2017年1月11日 (水) 16時50分

ぽとふさま
あけましておめでとうございます。
地方のお祝いご膳はそれぞれがご馳走です。伝統を守って行くのが大事だと私は思います。

九州は全般にお醤油は甘口ですがその地方の食材にはあってます。

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。


投稿: Mikageマダム | 2017年1月11日 (水) 21時08分

shokolaさま
私に才能があればシェフの映画を撮りたいと思うほど魅力的な彼でした。
良いレストランに案内して下さった友人達に感謝です。

投稿: Mikageマダム | 2017年1月11日 (水) 21時10分

ばばちゃまちゃま
毎週日曜日は島民だけの礼拝なので聖体拝領は行われないそうです。
敬虔な信者さまの島で皆様お優しいです。

投稿: Mikageマダム | 2017年1月11日 (水) 21時17分

めねさま
そちらは雪が降っているようですね。

呼子は活け烏賊のお造りも美味しいですがイタリアンも美味しいです。
こちらのレストランに是非行って見て下さい。
彼らのピュアな笑顔に出会い、汚れた私の心が綺麗になったように感じました。

投稿: Mikageマダム | 2017年1月11日 (水) 21時23分

こんばんは!

レストラン、以前テレビで拝見しました。どのお料理も魚介類が新鮮で美味しそうですね💓景色も最高です!
お料理も勿論ですが、シェフのご家族も素敵な方たちですね。
九州、特に博多はいいですね。私も永住したい位大好きです。行く機会があればマダムのブログ参考にさせて頂きます💓

投稿: ピコ | 2017年1月11日 (水) 21時25分

ピコさま
友人がお父さまの船に乗せて頂きとても素敵な方と伺っていましたが想像通りのご家族でした。
今の時代あれ程父親を尊敬して自分が育った愛する島の為に役立とう、と人生設計が出来る若者はあっぱれです。

投稿: Mikageマダム | 2017年1月11日 (水) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 呼子 | トップページ | 竹崎のお宿 »