« 夜更かし | トップページ | ホテルで会食 »

2017年3月29日 (水)

神戸ビーフでカツ

ステーキかカツが食べたくなり、お肉屋さんへ向かう途中相談しました。

家人のリクエストでビーフカツレツ

写真: p1286688

扇矢精肉店でご主人お勧めの神戸ビーフを少し厚めに切って頂きました。

パン粉は薄く付けて油は200度で揚げます。

家人の希望通りレアに仕上がりました。


お決まりの千切りキャベツ、ラディシュ、マカロニサラダ、原木椎茸と絹さやのバター炒めと1皿に盛り付けました。

写真: p1286685001

かなりのボリュームですが家人は全て食べました。

カツと言えば豚カツのお店は多いですがビフカツを出すお店は神戸では洋食やさんです。

今月三ノ宮にビフカツ専門店が出来ました。





家人と「お丼なら何が好き?」と話していました。彼はカツ丼、私は親子丼です。

中学生時代英語のレッスンに英国人のお宅へ通っていました。北野に有る洋館で靴のまま入るお宅でした。レッスンの順番を待つ間、英国式に並々と注がれたミルクティーをリビングで頂きます。

前の方が終わると隣室に案内されます。12時にレッスンが終わり先生に用事が無いときは「一緒にランチを食べて帰りなさい」とお誘い下さいます。

出前の電話をする時先生は「木の葉丼」と仰いました。私は初めて聞く名前で木の葉?葉っぱが入ってるの?とは聞けずにいました。

届いたお丼はピンクの蒲鉾を玉子でとじたお丼でした。

















只今発売中

第二弾

Mikageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)




只今発売中

第一弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  


↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« 夜更かし | トップページ | ホテルで会食 »

コメント

木の葉丼好きのイギリス人に英語習ってたのですね!私も小学生のころ伯母がドイツ語習っててそのドイツ人の先生のお宅が完全な洋館で帝塚山にありました。何度かおうかがいしてシナモンの香りの強い固いクッキーをいただいたり本物のろうそくがいっぱいついた大きなクリスマスツリーの前で皆でオータウネンバウムって歌ったの思い出しました。ビフカツ!おいしそう。ステーキとはまた違った味わいなんでしょうね。(食べた記憶がない)

投稿: shokola | 2017年3月29日 (水) 09時37分

shokolaさま
ドイツの血も入ってる先生で4711の緑色の瓶がトイレの窓に置いてありました。
天井までの大きなツリーがありました、木の下では誰とでもキスして良いと聞いた記憶があります。

投稿: Mikageマダム | 2017年3月29日 (水) 10時48分

マダム、こんばんは。
私もお丼なら木の葉丼がイチオシです。かまぼこ、それにあの椎茸、三つ葉に山椒たっぷりかけて食べたいです。京都は某テレビ番組で、みんな衣笠丼を頼むと言ってましたが、絶対嘘。
私は絶対木の葉丼。それしか頼みません。

投稿: つねみん | 2017年3月29日 (水) 18時59分

ビーフカツの切り口の美しさにやられました。
もう20年ほど前ですが、アメリカで1ヶ月ホームステイさせて頂きました。お庭には野生のリスやウサギがいました。私の為にイスを用意しておいたよと仰るので。。。?と思いましたが、昼食の後に各自、自分のイスを中庭に置いて(外専用の)のんびり読書したりするのです。私とそのお宅のお嬢さんとはいつもりんごの木のそばでマンガを読みました(笑)お母様が、うちの娘が汚い言葉を時々言うけれど、あなたは決して使ってはいけませんと注意されたものです。朝はパンの焼ける匂いで目覚めました。時間の流れ方が違うように思いました。今はもうリンゴの木は枯れてブルーベリーをたくさん植えたそうです。

投稿: ゆう。 | 2017年3月29日 (水) 19時37分

つねみんさま
衣笠丼って初めて知りました。
最近玉子3個を使ったお丼などが有名になっていますが私は玉子1つで良いです。
夕食を頂いたのに無性にお丼が食べたく成りました。

投稿: Mikageマダム | 2017年3月29日 (水) 19時51分

ゆう。さま
思い出に香りと食べ物は切り離せないですね。音楽も昔が蘇ります。
良い経験をなさいましたね。

高校生になり先生宅でベビーシッターをしていた時、子供達2人をお風呂に入れました。その時の大きな海綿の感触も覚えています。


投稿: Mikageマダム | 2017年3月29日 (水) 19時57分

学生時代のマダムが洋館でお過ごしのひとコマが目に浮かびました。
子供の頃ミルクティーが大好き過ぎて、母にお茶の時間ですよーと呼ばれて駆けていったら蹴つまずき、顔面をテーブルの角にぶつけつつ目の端で(なみなみのミルクティー美味しそう…)と意識を失ったのを思い出しました。その時縫った三針跡はミルクティー好きの勲章?です。

そのお宅のミルクティー、やっぱり美味しかったですか。

投稿: 新米シェフ | 2017年3月29日 (水) 21時30分

新米シェフさま
幼き頃の傷跡がミルクティー好きの証ですね。
小学校高学年の時、別勉(今の塾)に通っていました。授業が終わる頃先生が琺瑯のポットに入った薫り高いミルクティ-をカップに注いで下さいます。これで勉強が終わり、と思う嬉しさで毎回待ち望んでいました。先生は山口の友のお姉さんでした。生徒は4名でしたが私以外は皆秀才でした。

投稿: Mikageマダム | 2017年3月29日 (水) 22時02分

今日 若ゴボウを買いに行きましたが 売り切れてました。

それにつけても 青い若ゴボウを知らないで生きてきたのが 悔やまれます。

大好きな木の葉どんぶりに 粉山椒をかければ もっとおいしくなりますね。明日 作ります。

新しい知識で 若返ると考えることにします。

投稿: ぽとふ | 2017年3月29日 (水) 22時08分

ぽとふさま
若ごぼうはもう終盤だそうです。
来年どうぞお楽しみ下さい。

今夜テレビで衣笠丼を見ました。

投稿: Mikageマダム | 2017年3月29日 (水) 22時18分

ゆう。さま、そしてマダムの若き日々が宝石のように輝いていて眩しいぐらいです♪

投稿: Yokko | 2017年3月30日 (木) 00時42分

Yokkoさま
北野には異人館が多くフランス料理の先生宅も坂の上に建つ洋館でした。
豊かな学生時代を送られたことを幸せに思います。

投稿: Mikageマダム | 2017年3月30日 (木) 07時00分

私も Yokko さんと同じです。

今日はおわびしようと思い ここをあけてYokko さんのコメントを読みました。

生きてきたが悔やまれるなんて ことを 調子にのってコメントしてしまいました。人によっては 不愉快なことでした。ごめんなさい。気楽なことを書いてしまいました。

ネットは 発信されたら そのつもりで書いたわけではなくても ……気をつけなければ。

ハガキ1枚でも 推敲するという作家のことを思い出しました。

またネットは便利ですが 知らないことを検索できないので このブログやコメントから 教えていただいてます。

投稿: ぽとふ | 2017年3月30日 (木) 09時30分

ぽとふさま
歳を取れば何でも物知りとは限りません、私も日々勉強と思いながら過ごしています。
毎日スマホ、パソコンを使って検索する件数はとても多いです。
しかし友人、知人との情報交換の場も貴重です。

投稿: Mikageマダム | 2017年3月30日 (木) 10時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夜更かし | トップページ | ホテルで会食 »