« 贅沢飲み | トップページ | 最近のランチ »

2017年6月 2日 (金)

すき焼き

お肉が食べたくなり扇矢さんですき焼き用のお肉をお願いしました。今回はサーロインです。

すき焼き

写真: p1018046

サシが美しいサーロイン

写真: p1018033001

室温で暫く置いておくと脂が溶けて来ます。

写真: p1018038

お野菜たっぷり

写真: p1018028

茄子といんげんの胡麻和え

写真: p1018015

明石鯛の向こう付け

写真: p1018044

大丸で生わさびがお安かったので鯛を買いました。

姫竹の佃煮風

写真: p1018023001

高齢者に取ってすき焼きはご馳走感があります。

義母は孫達4人を集めると必ずすき焼きの準備をしていました。小学校低学年2名、幼稚園児2名はすき焼きを頂きお座敷にお布団を並べてお泊まりしていました。

翌朝私と義妹が迎えに行きます。孫達には楽しい時間だったことでしょう。

当時はお手伝いさんがいて義母の片腕となり面倒をみてくれていました。

我が家にはお布団を4枚並べて敷ける和室が有りません。それに当時の義母より私は高齢になってしまいました。










只今発売中

第二弾

Mikageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)




只今発売中

第一弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  


↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« 贅沢飲み | トップページ | 最近のランチ »

コメント

古き良き時代ですね。お手伝いさんがいないと掃除機ルンバや全自動洗濯乾燥機に食洗機が無い時代には家事も大変だったと思います。

家電やコンビニ、豊富な中食や、格安の外食の助けを借りて女性の社会進出は当たり前の事と言われる時代ですが、母から娘へお嫁さんにと伝わる家庭の味は置いてけぼりですね。

女性の社会進出と食育の両立の矛盾を感じます。

たいそうに言えば女性の社会進出による食文化の危機と、利便性ばかり追い家庭の中の潤いとなる生活文化も衰退の一途のような気がしてなりません。
時代ですね・・・
陸奥の京女

投稿: めね | 2017年6月 2日 (金) 09時43分

今朝のブログで、幼少の頃を懐かしく思い出しました。
すき焼きといえば、祖父母の家で食べる
三田牛でのすき焼き。
柔らかくて、美味しかったです。
その夜はいとこ達とすき焼きを食べ、お布団を並べて寝ます。
お仏壇の上の遺影にジッと見られているようで、背中向けて寝ていました。

投稿: SAKURA | 2017年6月 2日 (金) 11時49分

めねさま
昔は畳の拭き掃除までせねば成りませんでしたもの、大変です。
母は職業婦人でしたが私は料理上手な祖母に育てられ幸せだったと思います。
しきたりや行事、習わし等より合理主事が主流となり残念です。我が事ながらお節作りは嫁、娘に伝授出来たと思います。その後は彼女たちに委ねます。

投稿: Mikageマダム | 2017年6月 2日 (金) 13時21分

SAKURAさま
同じ様な経験をなさったのですね。義母は孫達に良いお肉を準備してくれていました。
その孫達は皆良いパパ、ママになりました。

投稿: Mikageマダム | 2017年6月 2日 (金) 13時25分

三種の神器ていう言葉がありますが現在は食洗器、乾燥機付き洗濯機、ルンバだそうです。ルンバ、ちょっとほしいです。
お茶ガラをまいて畳の掃除をするの、母がよくやってました。今だったら何してる?!って思われるでしょうね。時代とともにいろんなことが変わります。でもすきやきはいつもご馳走!相変わらず野菜の並べ方が美しい!

投稿: shokola | 2017年6月 2日 (金) 13時36分

出来上がりの図!真ん中のお肉にいの一番お箸を伸ばしたいです。
すき焼きには生卵と家族の記憶が付きものでしょか。子供に食べ頃をとってくれてばかりの母に、亡き父が「ほら、ここ美味しいぞ」とお肉をとってあげてた優しい横顔が浮かびました。

ルンバは愛い奴らしいですね。一休さんよろしく雑巾掛けをしているわたしは三種の神器に程遠いと知りました。

投稿: 新米シェフ | 2017年6月 2日 (金) 19時35分

新米シェフさま
優しいお父様の思い出良いですね。
実家ですき焼きは御法度でした。両親が「甘い」「辛い」と好みが違い揉めるので食べなくなりました。もっぱらしゃぶしゃぶでした。
我が家では家人が文句を言わず食べてくれます。
ルンバに任せるのなら自分で掃除機をかけた方が早いです。

投稿: Mikageマダム | 2017年6月 2日 (金) 22時10分

shokolaさま
娘がルンバを使っていた時期がありましたが今は掃除機に戻っています。ルンバの様子を見ていたらじれったくなりました。
茶殻を撒いて箒で掃いてましたね、今なら何の儀式?どんな宗教?と思われますね。
懐かしい思いでです。
たまに食べたくなるすき焼きは高齢者の証ですね。

投稿: Mikageマダム | 2017年6月 2日 (金) 22時15分

主人がすき焼き好きでしたが、私はいつも”え~”って言ってました。でも3回に1回はしてあげましたげどね。 ルンバの話ですが、ルンバを働かすにはそこらの物を上にあげないと行けないし、私はルンバがちゃんと私の思ってるところに行ってくれるのか見張って居るので、自分でした方が早いと、この頃は掃除機です。

投稿: よりちゃん | 2017年6月 3日 (土) 11時29分

よりちゃんさま
すき焼きを頂くのは数ヶ月に1度位ですね。
娘がルンバを使う時はダイニングチェァーを全てテーブルに上げていました。兎に角時間が掛かるのでせっかちの私には不向きです。

投稿: Mikageマダム | 2017年6月 3日 (土) 19時48分

子供の頃 滅多に帰らぬ父が母の田舎に帰った時 祖母が鮎を炭火で焼いたり、村に一軒だけの何でも屋さんに頼み 捌きたての鶏のすき焼きを嬉しそうに用意してたのを思い出しました。。。(泣)
それと夏休み田舎に帰ると煮凍りと西瓜の漬物が何時もでてきてたのを思い出しました。
マダムのお子様達も良い思い出でしょうね。

投稿: ひょっこ | 2017年6月 4日 (日) 05時46分

ひょっこさま
人それぞれ食に関する思い出がありますね。
海の側に自宅が有りました、海から帰ると祖母は庭にたらいで日向水を作ってくれています。足を洗ってから縁側に広げられたバスタオルで足を拭いてお風呂に行きます。茄子と薄揚げが入った煮麺で体を温めた後スイカを頂くのが恒例でした。
祖母が精一杯のお持てなしをしてくれた事は忘れられません。見習っていこうと思います。

投稿: Mikageマダム | 2017年6月 4日 (日) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 贅沢飲み | トップページ | 最近のランチ »