« 「弧玖」で蟹料理 | トップページ | 京都のお土産 »

2017年12月25日 (月)

サラダの店「サンチョ」

ホテルをチェックアウトして日曜日のランチは並ぶのを覚悟で「サンチョ」へ向かいました。

細い路地を曲がるとぶつかりそうになった男性が「お~!何しとんねん!」と言いながら家人と堅い握手。

中学、高校時代の同級生です「遊びに来とんねん」と家人が言うと「わざわざ神戸から、ご苦労さんやな!俺はここに住んどうからええけどな、今近所で朝ご飯食べて来てん、余り勧められるとこや無いけどな」と話しながら又握手をしてお別れ。

11時「サンチョ」に到着

写真: img_2197

前に女性がお一人お待ちです。11時半のオープン時にはお店に入りきれない程の列。

私はBランチとグラスワインの赤

写真: img_2199

蟹クリームコロッケと決めていたのに直前に心変わりして海老フライ、ハンバーグも付いたBランチにしました。周りでもBランチを注文の方が多いです。

サラダは一度ドレッシングで和えてから押さえるようにたっぷりと盛り付けて上から特性ドレッシングが掛かっています。ボリューム満点「あ~サラダもコロッケも皆美味しい!」

美味しいので家人に3種類を少しずつお裾分けしました。

彼はは土日限定売り切れごめんのチキンとほうれん草、きのこのクリームソース

先ず大きな器でサラダが出て来ます。

写真: img_2200

家人は頑張ってサラダを食べていました。

写真: img_2204

チキンはカリカリです。

朝ご飯お代わりした家人はさすがにチキン1切れ残していました。

並ぶのは苦手ですがここなら仕方が無いと思うお店です。




河原町を歩いていてすごいのを見つけました「からふね屋珈琲本店」特大のパフェがショーケースに並んでいます。

写真: img_2190

何人で食べれば食べ尽くせるのか?


写真を撮っている観光客に混じって私もスマホを向けました。


ぶらぶらした後錦市場でお節用の根菜と白味噌を買って帰りました。





只今発売中

第二弾

Mikageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)




只今発売中

第一弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  


↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« 「弧玖」で蟹料理 | トップページ | 京都のお土産 »

コメント

こんばんはm(_ _)m

サンチョさんのお料理はほんわかしていてボリュームもありそうで、マダムのブログを見ながら何故か私の顔がにんまりしています。


ご主人様となご友人との関西弁の会話が、暖かいですね。マダムが関西弁で会話の部分を書いて下さったので、まるで小説を読んでいるかのように、頭の中でご主人様とご友人のお姿などを勝手に想像しておりました。

投稿: neroli | 2017年12月25日 (月) 19時51分

曲がり角でぶつかりそうになった男性が声を上げて、喧嘩?と思いきや、仲良しの同窓生でほっとしました。

河原町通りのお店の移り変わりは激しくて、寺町通りも昭和からあるお店がだんだん減ってしまいました。から船屋の大きなパフェも30年近く前からありますが、召し上がってる方をまだお見かけしたことがなくて。マダムは甘いのはお苦手でしたね。

投稿: 瑞風春風 | 2017年12月25日 (月) 20時14分

うぁ~heart04マダム。
からふね屋さんにすぐに行ってみたいです。
関西弁関東の人が聞いたら怖いでしょうね。
私の田舎の伊勢弁も孫達が聞いたら怒られてるんかと思ったと。
家人様は偶然に旧友に会えるなんて嬉しいですね。

投稿: aiko | 2017年12月25日 (月) 20時41分

neroliさま
その辺の洋食屋さんと見た目は同じようですが質が違います。

年に一度同窓会で顔を合わす彼らは2ヶ月ぶりの再開だと思います。

投稿: Mikageマダム | 2017年12月25日 (月) 22時21分

瑞風春風さま
以前河原町三条の明治屋が有った所のお店へ出向き竹製品を買い求めました。
学生時代「から船屋」さん辺りに冷麺のお店が有った様な記憶がありますが、記憶違いかも知れません。
蒸し寿司のお店は健在で湯気を見て通り過ぎました。

投稿: Mikageマダム | 2017年12月25日 (月) 22時31分

aikoさま
巨大なパフェ、寒い時期でも人だかりでした。
初めて通る京都の狭い路地で友人に会うなんて人生の楽しさを感じました。

投稿: Mikageマダム | 2017年12月25日 (月) 22時36分

「サンチョ」のサラダ!興味がありました、想像以上にぼってりとした濃度のドレッシング😳(学生時代の夫は苦手な生野菜を食べたったという達成感を得れたそうで)家人さんとご学友との出会い頭は漫才のイントロのようだし…関西の男子学生とは…えっと…良い意味で!他愛ないのでしょうか。

年の瀬の京都、おふたりの姿は街の絵にもなる事でしょうね。

投稿: 新米シェフ | 2017年12月25日 (月) 22時42分

新米シェフさま
ダブルドレッシングのサラダ、私は好きですが男性には量が多いかも知れません。
関西の男子学生はいくつになっても大人に成りきれてていません。
幼稚な友人はちなみに京都の国立大卒、一流広告代理店退職です。

投稿: Mikageマダム | 2017年12月25日 (月) 23時03分

俺はここに住んどうから、で神戸の人だなってわかりました。関西弁でも微妙に大阪、神戸、京都と違いますものね。このパフェのお店でパフェが食べたい!って思いました。マダムには見るだけで十分よ!って言われそう。

投稿: shokola | 2017年12月25日 (月) 23時06分

shokolaさま
彼の奥様が京都の方で京都にお住まいですが神戸弁は抜けていませんでした。

この時期のパフェ想像しただけで甘さと寒さで身震いします。

投稿: Mikageマダム | 2017年12月25日 (月) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「弧玖」で蟹料理 | トップページ | 京都のお土産 »