« 日曜日の夕食 | トップページ | 冷蔵庫の耐久年数 »

2017年12月 5日 (火)

ねぎま鍋

朝9時予約の歯医者さんへ、今年最後のクリーニングとフッ素を塗って頂きました。歯ブラシ3本を求め、今年1年お世話になったお礼を申し上げました。

夕食は焼き椎茸のみぞれ和え

写真: p1041488

金時人参、三つ葉を加えて彩りよく。

葉付き大根を頂いたのでご飯に合う佃煮にしました。

写真: p1041477

ご飯を炊いて正解、家人はお代わりしていました。

本マグロのすき身でねぎま鍋

写真: p1041493001

昆布だし、酒、みりん、醤油で味付けます。

写真: p1041497

脂がのった美味しいマグロでした。

余ったまぐろはお鍋に砂糖、醤油を足して少し甘辛に煮て置きました。



電車に若いカップルが乗っていました。

彼は濃紺の新品のオーバーを着用した様でうしろの裾スリットに×と白いしつけ糸が付いています。左の手首にはAustralianと書いた白いテープが付いたまま。

家人に「彼女にそっと教えてあげようか?」と言うと家人は「そんな事言わんでええ、お洒落と思ってるかもしれんし・・・」と言うので?と思いながら黙っていました。

以前ホームで就活中らしき若い女性がジャケットにしつけ糸を付けていたのでそっと耳打ちしたら「ありがとうございます、助かりました」と言って下さいました。

言えば良いのか知らない振りをすれば良いのか悩みます。






只今発売中

第二弾

Mikageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)




只今発売中

第一弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  

↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« 日曜日の夕食 | トップページ | 冷蔵庫の耐久年数 »

コメント

おはようございます
美味しそうなねぎま鍋です
何よりも
ネギの高さがぴったり合っていることと
お鍋をかけたカセットコンロが
新品のように綺麗です!
ご利用のたびに丁寧に
お掃除なさっているのですね
お手本にします

投稿: trintrn | 2017年12月 5日 (火) 07時56分

ねぎが測ったようにきちんと並んでいます!すべてに行き届いたマダムらしさ!
仕付け糸ついたままの人ねー、私ならほっときます。マダムは親切!ていうかどこまでもきちんとされてる!私、前にユニクロのTシャツか何か、前にベターっとLって書いてあるテープついたままの着てたことあります。さすがに外に行く前にとりましたけどー。

投稿: shokola | 2017年12月 5日 (火) 09時14分

trintrinさま
考え事をしてしながら切っていたらおネギの長さがまちまちで何事も入魂!と思っていました。

コンロの製造年月日を見たら2009年、未だ新しいです。

投稿: Mikageマダム | 2017年12月 5日 (火) 09時25分

shokolaさま
おネギ揃ってないのです・・・
私なら教えて欲しいと思うのです。一人暮らしの若い方ならだれにも注意されずお気の毒、とお節介なおばあさんは思ってしまいます。

投稿: Mikageマダム | 2017年12月 5日 (火) 09時30分

若い方なら、私も教えてあげると思います。
昔、弟が初めてスーツを着て帰ってきたら、後ろのスリットにしつけが付いたままでした。家族で大笑いをしたものの、誰も教えてくれなかったんやな、と言っていたのです。その話を聞いて、主人が、新品のジャケットをおろす時、「○○君(弟の名前)になってないか?」と、わざと私に尋ねます。
その弟も定年間近です。

投稿: matsuko | 2017年12月 5日 (火) 15時14分

matsukoさま
懐かしい思い出話をお聞かせ頂きありがとうございます。ご主人様のウイット最高です!

以前結婚式に参列した際廊下でお若い女性が「もしそう言うデザインならごめんなさい、ドレスの裾が上がっているようなのですが」と教えて下さり恥をかかずにすみました。


投稿: Mikageマダム | 2017年12月 5日 (火) 21時23分

ねぎま鍋は江戸っ子庶民の「秘密のごちそう」だと思ってましたがマダム宅では定番のご様子、ずっと意外だったのです。お好み焼きのようにもはや全国区でしょうか。

ねぎま鍋が好きだった父は本鮪にこだわるお店ですきみやカマとろを、筋が口にあたらないようカットを丁寧にしてもらうとき「いい仕事するねえ!」と野次?までとばして私は顔真っ赤っか…ちょっと恥ずかしいご馳走なのでした。

私はよそ様の仕付け糸とか発見しても頰がぽっとしてしまい、どうしようってドキドキします。(目があったり、良い人そうだったら教えてあげられます)
マダムは顔真っ赤かになったりする事ありますか。

投稿: 新米シェフ | 2017年12月 5日 (火) 22時03分

新米シェフさま
食通の義父から教わったねぎま鍋は関西では未だポピュラーでは無いと思います。
お手頃価格の筋が有る部位でもお鍋にするとご馳走に変身します。

今や心臓に毛が生えた私、赤面ぽっぽの若い頃が懐かしいです。

投稿: Mikageマダム | 2017年12月 5日 (火) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日曜日の夕食 | トップページ | 冷蔵庫の耐久年数 »