« 蟹パーティー | トップページ | 新春の玉さま »

2018年1月10日 (水)

鯵フライ

午前中は年末に予約していた整体で施術です、年末年始の疲れを取って頂きました。

スーパーで買い物し配達をお願いしてバッグ1つで歩きました。

帰宅してスマホの歩数計を見れば3800歩と少なめですが上った階数は11階となっていました。そんなに階段を上ったと言う自覚が無く不思議。


お昼は阪急六甲のモスバーガーで野菜バーガーをテイクアウトしました。いつもよりレタスが硬く感じました。お天気の加減でしょう。

夕食は鯵フライ、ポテトサラダ、キャベツ

写真: p1092384001

家人から最近私のポテトサラダはゴロゴロし過ぎと指摘を受けていたので気を付けて作りました。


風が強く寒い日なので塩鮭で粕汁を作りました。

写真: p1092386

大根、金時人参、こんにゃく、薄揚げ、青ネギ

焼き穴子と水菜のさっと煮

写真: p1092373



家人の寝言「なかなか男前やね」

私「誰が?」

家人「牛」

男前の牛って・・・

朝起きて聞くと昨夜の番組「お宝探偵団」で出店された木彫りの牛のことでは無いか?とのことです。



只今発売中

第二弾

Mikageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)




只今発売中

第一弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  


↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« 蟹パーティー | トップページ | 新春の玉さま »

コメント

おはようございます
お宝鑑定団、こちらでは日曜昼にやってます
自宅にいる時は必ず見る番組
ご主人さまの拝見なさった「牛」は
本物だったのでしょうか?

投稿: trintrn | 2018年1月10日 (水) 08時18分

マダム、ご主人は寝言も面白い。男前の牛に受けました。

10月の台風の影響で、レタスが品薄とか。そういえば、阪急やイカリでレタスをほとんど見かけません。モスのレタスも硬かったですか。

日月椀で、よそ行きの粕汁がこの時期にぴったりで美味しそうですね、少し覗いた金時人参の朱色がきれいです。

この数年間、お歳暮の時期になると何かが足りないとずっと気になっていたのですが、今年ハッと気づきました。鮭の荒巻が、お歳暮カタログから消えて(減って)いる事にです。

荒巻が到来すると、切り身はもちろんアラも使って粕汁に、カマや何から良いお出汁が出て、美味しかったのです。少人数のご家庭が増えて、丸ごとの塩鮭は、今は使い切れないのかしら。

投稿: 瑞風春風 | 2018年1月10日 (水) 08時46分

膝を痛めてしけている私です。いつかは治るとは思うものの元気が出ません。マダムのお料理の写真を見てため息。ポテトサラダさえ作る気が出ません。幸い、ジェリーは何も要求しないので助かります。今日は少しましになってるので買い物に行って何か簡単で美味しいものを作ります!マダムの牛肉炒めにおネギがいっぱい乗ってるのにしようかなあ。

投稿: shokola | 2018年1月10日 (水) 08時55分

trintrinさま
「牛」は借金の形に無理矢理置いて行かれた偽物でした。お金は返らず本人の所在は不明だそうです。
あるあるのお話しでした。

投稿: Mikageマダム | 2018年1月10日 (水) 08時58分

瑞風春風さま
年末家人が560円のレタスを買ってきてびっくりしました。
粕汁には塩鮭ですね、辛塩を探しましたが売り場には甘塩しか有りませんでした。
少人数に健康志向で新巻鮭の人気が無くなったのかも知れませんね。

投稿: Mikageマダム | 2018年1月10日 (水) 09時07分

shokolaさま
体に不具合が生じると気分が沈んでしましますね。私は50肩の様で置き針を打って頂きました。

今日は予定があるので家事を早く終えます。
今からバーニャカウダーの準備をします。

投稿: Mikageマダム | 2018年1月10日 (水) 09時12分

おはようございますm(_ _)m

マダムのご様子、お料理のお写真を見て、その後((笑)
家人様には失礼ですが、寝言に大爆笑してしまいました。
私は今日は年に一度の胃カメラの検査日でしたので、検査中も「男前の牛」のフレーズを思い出してしまい、も~大変でした。
朝から笑いのプレゼントをありがとうござい
ました。


私、実は隠れよしもとファンなのです。

投稿: neroli | 2018年1月10日 (水) 09時54分

neroliさま
家人は大きな声ではっきりと寝言を言います。話しかけられたと思い聞いてしまいました。

次回の吉本、チケット取りましたhappy01

投稿: Mikageマダム | 2018年1月10日 (水) 11時53分

こんにちはm(_ _)m

マダムのご様子、お料理の美味しそうなお写真とブログを読み進めて(笑)最後に家人様の寝言の「男前の牛」、家人様には失礼ですが大爆笑してしまいました。

今日は私は年に一度の胃カメラの検査の日でしたが、検査中に「男前の牛」のフレーズを思い出してしまって、も~大変でした。(検査は無事に終りました。)

投稿: neroli | 2018年1月10日 (水) 11時56分

 寒波到来とか。連休に篠山の如月庵(篠山観光ホテル)で 土鍋にはられた牡丹鍋風の味噌出汁(栗入り?)に ささがきごぼう 薄いチリチリの豚 水菜 白菜 キノコ うどんが すべて 投入された デカンショうどんを食べました。ネギや 生姜、すり胡麻も はいっていたかも。もちろん 調理は各々なさっていると思います。

 ささがきごぼうは ささがきして売ってる時代ですし 天然の出汁でなくても 豚もいれるし 白菜の代わりにもやし 水菜の代わりにニラ、調理が簡単で 熱くて美味しいものを食べて 病気を治してくださいね。

土鍋は 重いし 鍋も この際 適当に...( マダムに しかられそうですが )。この際 ニンニクをトースターで焼いて 栗みたいにして 鍋にいれ スタミナ源にされるのは? うどんの炭水化物が ご心配な場合は 糸こんにゃくも いれるとか。

生卵につけても 美味しいと思う デカンショうどんから でした。

 こんな とんでもないもの マダムは いくら病気の方にでも すすめることはできないと思い。今年も おせっかいなことを また書いてしまいました。

投稿: ぽとふ | 2018年1月10日 (水) 12時43分

taurusマダム~寒いです
モスバーガー昨日から名古屋海老フライが再び登場していたのでお店でミネストローネと頂きましたfastfood
新巻き鮭昔はお歳暮で頂きましたね、鮭は私も江戸っ子が食べる辛塩鮭が好きですだから血圧が高くなるのでしょうか。
金時人参見つかりませんお料理が映えますのに。
私も寝言よく言います孫もはっきりと寝言言ってます。
犬にも猫にも男前がいますねべっぴんさんもtaurus
今日阪急さんで欲しかったブルーのセーターが見つかり40パーセント引きheart04

投稿: aiko | 2018年1月10日 (水) 16時50分

久しぶりにモスのドライブスルーに寄り(マダムなら野菜バーガーかしらとよぎり)結局海老カツバーガーとスパイシーモスバーガーを母と半分こした今日です。たまたまレタスレスなメニューでしたが、今レタスの高値には度肝をぬかれますね!

印象的だったのはドライブスルーの受け渡し所に<ひとつひとつ娘を嫁にだす気持ちでお作りしています。お待ちください>と書いてあり「すぐ食べちゃう私たち鬼みたい」と母と顔を見合わせました、包む白い紙が角隠しのようなバーガーを頬張ってしまいました。

めんこい牛って判りますが男前の牛はどんなかなあと想像してみました。
んん〜動かざること山の如し、三國連太郎みたいな牛でしょうか。

投稿: 新米シェフ | 2018年1月10日 (水) 20時38分

neroliさま
辛い胃カメラの時間、私の馬鹿話で気を紛らわせて頂けたなら嬉しいです。
平凡な毎日でも楽しいことを見つけて過ごしたいと思います。
良ければお付き合い下さいませ。

投稿: Mikageマダム | 2018年1月10日 (水) 20時38分

ぽとふさま
今まで観光ホテルに泊まりボタン鍋は出掛けて他のお店で頂いていました。

小雨が降る今夜、暖まるぼたん鍋が恋しいです。最後に頂くコテコテのお雑炊が最高です。

投稿: Mikageマダム | 2018年1月10日 (水) 20時44分

aikoさま
今日は難波の松竹座へ行って参りました。
今井さんはお休みでがっかりです。
猫派の私、野良でも男前には惹かれます。

投稿: Mikageマダム | 2018年1月10日 (水) 20時47分

新米シェフさま
家人が買って来た高価なレタス、今夜頂きました。
マクドナルドが日本に上陸したのが学生時代、未だに包み紙の上手な扱いが出来ません。モスバーガーの角隠し、目に刺さらないように注意して頂いています。

家人はテレビで観た借金の肩に置かれた木彫りの牛が印象に残ったようです。

投稿: Mikageマダム | 2018年1月10日 (水) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蟹パーティー | トップページ | 新春の玉さま »