« 桜の器 | トップページ | 木の芽田楽 »

2018年4月 4日 (水)

牛肉しゃぶ しゃぶ

山芋(大和芋)を1つ使って2種類の料理を作りました。

まず分量を量り山芋かんを作り、残りは鮪と山かけにし2日に渡って山芋を楽しみました。

山芋かん

写真: p1034082

レシピの3/4分量で作りました、山芋150gなどです。

焼き空豆

写真: p1034091

牛しゃぶ

写真: p1034085

デパートでしゃぶしゃぶ肉を買うと牛肉がラップに包まれています、これがどうにも苦手なのです。

ラップにくっついて剥がし難く、途中で諦め家人にバトンタッチ

写真: p1034087

彼はラップのまま2つに切っていました。

白菜、水菜、白ネギ、えのき、椎茸、くずきり、豆腐

写真: p1034077

山芋かんを型で作ると4切れ出来るので半分は娘にお裾分けします。

お使いに来たのは新3年生、鼻の頭にキズパワーパッドを貼っています。公園で転んで怪我をしたそうです、新学期が始まる前に直れば良いですが・・・

お兄ちゃんが我が家に来る間弟が代わりにお風呂洗いをしている様子が娘から写メで届きました。先輩が後輩にノウハウを伝授した様です。几帳面な5歳児はズボンをめくり上げ浴槽に入ってお掃除していました。

写真: img_3391


散りかけた桜の横で柿の木に柔らかな新芽が出ていました。

御自宅に柿の木がある方と一緒に作った鰺を使った柿の葉寿司、とても美味しかった事を思い出しました。


只今発売中

第二弾

Mikageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)


只今発売中

第一弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  


↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« 桜の器 | トップページ | 木の芽田楽 »

コメント

私もあのお肉のラップは苦手でイラっとします。美しくないです!売る方は楽なんでしょうか。
お孫さん、しっかりした身体に成長なさってますね。かっこいい。頭の形が日本人的ではないのがすてき。どんな髪型も決まります!それにちゃんとお手伝いできるのが素晴らしい。教育の成果ですね。

投稿: shokola | 2018年4月 4日 (水) 08時39分

いつも楽しく拝見しています。石川県の祖母が良く庭の柿の葉で作ってくれた柿の葉寿司が懐かしく思い出されました。当地では鯨の脂身が地の味だったようです。関東ではあまり頂く機会がないです。個人的な思い出、失礼いたしました。

投稿: ミチナナ | 2018年4月 4日 (水) 08時55分

shokolaさま
精肉店ではラップ無しなのにどうしてでしょうね。
よく食べるのでぽっちゃり体型かと思っていましたがスイミングスクールの見学に行くと極普通でした。
娘は何でも子供にやらせます。

投稿: Mikageマダム | 2018年4月 4日 (水) 09時18分

ミチナナさま
おはようございます!
お祖母さまのお味が懐かしいでしょうね。思い出が有ることは素敵なこと、活きる栄養となります。

鯨のおばけは良く頂きます。

投稿: Mikageマダム | 2018年4月 4日 (水) 09時21分

お早うございますm(_ _)m

5歳のお孫様の几帳面なところは、もしかしてママに似ていらっしゃるのでは❓😃と何となく思いました。
時々登場なさるお嬢様のお料理のお写真を見ていて、真面目なお人柄がなんとはなしに伝わってきたので、、😃
違っていましたらごめんなさい😅です。
しかし、カッコいい少年ですね。お風呂掃除をしてもカッコいいという少年はなかなかいないと思います。

柿の葉鮨の思い出は私にも実はありまして、京都出身で奈良にお住まいだったお知り合いのお医者様から頂いた事がありました😃私が結婚の報告をした時にとても喜んでくださって、奈良の新築の先生のお家にお招き頂いたのが良い思い出です。お医者様のお家にお招ばれされるのが初めての経験だったのでとても緊張していたのをすっごく覚えています。先生は私が緊張しないようにまだ幼かったお子様を私に紹介してくださり一緒に遊んだ事もよい思い出です。先生は数年前、天国へ旅立たれました。


長くなって申し訳ありません。


投稿: neroli | 2018年4月 4日 (水) 09時47分

マダム、わたしも同感です。あのラップを剥がすときにお肉がバラバラになってしまうことも!ストレス感じますね。

男の子っていつの間にかかっちりとした肉付きになってくるのですね。頼もしいです。

投稿: のんち | 2018年4月 4日 (水) 09時53分

焼きそら豆は、お塩でお召し上がりでしたか?

たしか魯山人が、自宅の柿の葉で作った柿の葉寿司は、売っているのとは比べ物にならないほど美味と、何かの随筆に書いてました。
今、ネットで探してみても、なれ寿司しか出てきませんが、ネットにはない情報も多いですね。

お孫様、お手伝い頑張ってますね。

投稿: 瑞風春風 | 2018年4月 4日 (水) 14時29分

マダム。
勿論私も嫌いです、ラップ付きなんてお正月ぐらいしか頂きませんがです。

山芋かん食べた事ないです胡麻豆腐みたいなのでしょうか?マダムは作れない作らないお料理は無いですね。

ほんとに五歳になれば体がしっかりしてきますね・四歳と0か月まだ手足は赤ちゃんぽく
電車で出かける時はベビーカーを引いて行きます私一人の時に。
もうちょっとでお掃除のお手伝いできる様になるのですね。
そうして手を繋いでくれなくなってしまうのですねweep寂しいですね。

投稿: aiko | 2018年4月 4日 (水) 17時38分

neroliさま
孫の几帳面さは私の隔世遺伝でしょうか。
柿の葉すしは奈良が本場、おもてなし料理でも有るのですね。

私達が結婚の報告に伺った先輩宅のお子様が「子供みたいな夫婦が来た」と叫んでおいででした。

投稿: Mikageマダム | 2018年4月 4日 (水) 20時29分

のんちさま
兄弟でも嗜好が違い体格も違うのが面白いです。
どの様な青年になるのか出来ることなら見届けたいです。

投稿: Mikageマダム | 2018年4月 4日 (水) 20時31分

瑞風春風さま
空豆はお塩で頂きました。

お料理のお稽古で習った鰺を使った柿の葉寿司、市販の物より時間を置かず頂くので格別でした。

投稿: Mikageマダム | 2018年4月 4日 (水) 20時37分

aikoさま
山芋かんは泡雪の様な食感です。
作られないお料理は山ほど有りますよ。

娘に仕込まれ孫達は洗濯物を畳み掃除機もかけます。

2歳1ヶ月しか離れていない兄弟、早くにベビーカー離れし良く歩いていました。二人が泣けば両手に抱いていました。

投稿: Mikageマダム | 2018年4月 4日 (水) 20時44分

ちいさな人とは何とフォトジェニックといつもおもいます。何をしてても画になって。
「子供みたいな夫婦」って子供が言うのもおかしいです!笑

マダムの御母堂に自叙伝があるとは…
驚き、でも有りそうともおもいました(マダムのコラムも自叙伝のエッセンス有りますもの)
内容は波瀾万丈でしょうかしら?マダムはお読みになったのでしょうか。

わたしの目上の友人(80代)が「もう歳だから迷ったんだけどね」と乳癌の手術をなさり、無事に退院したお祝いに鰻重をお届けにあがりました。一緒に頬張りつつ、知らなかった彼女の記録(文化活動で徹子の部屋にもお出まし等)のDVD を見せてもらい驚きました。
ひとに歴史有り!ですね。

投稿: 新米シェフ | 2018年4月 4日 (水) 22時02分

新米シェフさま
闘病記を書いたのが母が最初かもしれません。「愛と死を見つめて」を執筆なさる前河野氏が学生服で出版社の方とご挨拶に見えたのを覚えています。
映画で彼は浜田光男、恋人は吉永小百合さんだったのです。
母の本もテレビドラマになり、母は左幸子さんでした。祖母と私はお互いの配役に不満を申していました。

投稿: Mikageマダム | 2018年4月 4日 (水) 22時21分

マダム。
祖母に連れられて隣町の映画館に「愛と死を見つめて」観に行きました、幼稚園の頃でした。

マダムのお母様の闘病記のドラマて。
過去の記事には書かれていたのですか?
知らなかったのは私だけ。
探せば見つかりますか?探してもいいのでしょうか?
知らなかったです。

投稿: aiko | 2018年4月 5日 (木) 17時18分

aikoさま
母の本やドラマのことはブログに書いたことは無く今回が初めてです。

「愛と死を見つめて」私は高校生だった様に思います。

投稿: Mikageマダム | 2018年4月 5日 (木) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜の器 | トップページ | 木の芽田楽 »