« お盆休みの日本海 | トップページ | トンカツ「小ばやし」 »

2018年8月13日 (月)

パック寿司とお吸い物

六甲山を下りたら我が家はもう少しです。

食材を求めいかりスーパーへ寄ってから帰ります。

お盆なのでお寿司売り場にはいつもは並んでいない大きなファミリーパックの握り寿司が有りました。眺めているとお寿司が食べたくなり夕食はお寿司に決定。

帰宅後すぐさま洗濯機を回しながらキッチンでお出しを取ります。

握り寿司

写真: p1126385

ご飯が少なめのお寿司です。

松茸のお吸い物

写真: p1126389

豆腐、三つ葉、柚


海辺で過ごした後のお吸い物は身体に染みわたる気がします。




只今発売中

第二弾

Mikageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)

第一弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  


↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« お盆休みの日本海 | トップページ | トンカツ「小ばやし」 »

コメント

パック入りお寿司でもマダムはちゃんとだしをとったお吸い物を作られるところが普通の人じゃないんだと思いました。松茸のお吸い物、おいしそう!昨日は以前にマダムがupされてたラタトゥイユ(英語ではラタトゥイといいます。なぜ日本人はユをつけるのか、とジェリーが不審な顔してます)を作りました!マダムはステーキでしたよね。何をメインにしようか考え中。

投稿: shokola | 2018年8月13日 (月) 14時07分

潮風にあたった後は松茸のお吸い物が沁みるわね
って台詞が文学的に響きました。

京都で鱧と早松茸のお椀を頂いたとき、口にする寸前美味しい〜って言いそうになる風味に驚き、ふくんだらうっとり溜息しか出ませんでした。
マダムが通うお懐石でお出汁が変わった事に気付くって凄いって改めておもったり。鱧や松茸は京風お出汁のために生まれてきたのかしらという相性をみつけた昔の料理人て凄いなあっておもいました。
マダムが忘れられない椀物ってありますか。

投稿: 新米シェフ | 2018年8月13日 (月) 21時19分

shokolaさま
パック寿司をそのまま出しただけでは寂しいのでお吸い物を添えました。お陰でお茶では無く冷酒が頂けました。
イタリア語ではカポナータですがラタトゥイユはフランス語なんでしょうか?

投稿: Mikageマダム | 2018年8月13日 (月) 21時35分

新米シェフさま
熱射病対策には水分と塩分の両方が必要ですから。昔海から帰れば祖母が必ず、庭にたらいを置いてに日向水を用意して帰りを待っていてくれていました。廊下にバスタオルを敷き詰め足をふきふきお風呂場に向かいます。その後煮麺と冷えたスイカを頂くのが楽しみでした。
家人が「美味しい鮎の塩焼きが食べたいな~」と梅田の百貨店で言いましたが「桜田さん以上の鮎はもう頂けないよ」と言いながら桜田で頂いた大ぶりの輪島塗のお椀で出された鱧と松茸のお味が蘇りました。私の人生最高の椀物だったかも知れません。

投稿: Mikageマダム | 2018年8月13日 (月) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お盆休みの日本海 | トップページ | トンカツ「小ばやし」 »