« 宮島 | トップページ | 宿の夕餉 »

2018年9月21日 (金)

庭園の宿「石庭」

宮島を観光した後こちらに宿泊。


お料理が美味しいお宿なのでお腹を空かせて到着しました。

広いお庭は非の打ち所が無い程手入れが行き届いています。サロン、ギャラリー、書斎などの棟はオーナーがセレクトされた小物から家具まで全てセンスの良い品々が設置されています。拝見すればするほど魅了されます

私は京都の俵屋さんに通じる何かを感じました。

まず友人達のお部屋抱月にご案内いただきました。

写真: img_6016

お部屋は全て離れです。

お座敷には大きなテーブルと椅子が準備されていて夕食はこちらで頂くそうです。

庭を眺める小部屋も有ります。

写真: img_6018

お座敷のお隣はお茶室かと思えば寝室でした。

写真: img_6030

ここも庭に面した素敵なお部屋と縁側

写真: img_6035

2階にはテレビとカウチ

写真: img_6031

階段の側に洗面も付いています。

写真: img_6036

部屋の見学が終わり最中とわらび餅でお迎えいただきます。

写真: img_6029

移動して私達の部屋を見学

写真: img_6040

お座敷コーナーの設え

写真: img_6086

こちらは書斎

写真: img_6050

後ろに書棚が有り興味深い本が並んでいます、白州正子さんの写真集を出して眺めました。


2階には8畳程有る広い浴室。

写真: img_6159

障子付きの浴室、椅子もおしゃれ。

ふかふかのバスローブも完備。


お部屋はキッチンが無いだけでまるで大きな一軒家です。

余りの広さ故襖の数が多く開けては閉めを何度も繰り返します。我が家には1枚も襖が無いのでそれも楽しい動作。

しかし迷路の様でお手洗いは慣れるまであちこち探します。家人の姿が見えないと「どこにいるの?」と叫んで所在を確かめる次第。

大浴場で一風呂浴びて夕食前にお庭に有る個室で乾杯。

写真: img_6092

無人ですが冷蔵庫から好きな物を出していただけます、その際電話で申告します。



長い廊下で繋がった離れ、部屋へ帰る際私は100%自分の部屋を通り過ぎてしまいます。最初は家人が「ここよ」と言ってくれていましたが度重なるとあきれ果て黙って鍵を開けるのです。その音で私は戻って来ます。

出かける時も反対方向へ5メートル程進んでから気づき戻る始末。私は土地勘が有る方だと思っていましたが宿の中ではアンテナが狂ったみたいでした。











只今発売中

第二弾

Mikageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)

第一弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  


↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« 宮島 | トップページ | 宿の夕餉 »

コメント

地方の親戚の宅を訪れた様な和やかなお宿には、取ってない素朴なくつろぎ感がありますね。お風呂の障子、湿気で張替えが何度も必要かもしれませんね。

マダムがリンクされたお宿のホームページに、簡単な質問に人工知能が答えるAIコンシェルジェというのがあり、面白そうです。

投稿: 瑞風春風 | 2018年9月21日 (金) 08時48分

マダム・・私は方向音痴ですのでつきものの様に迷います。
ハワイでは自分の泊ってるホテルの前で・そのホテルは何処ですかと聞いてしまいました。
足を組んでいるのはお友達?手は家人様ですね。
椅子が可愛いですね。
ガンツウの器も好きでした・・特に天婦羅のんが。

マダムの手料理もそろそろお目にかかりたいです。


投稿: aiko | 2018年9月21日 (金) 17時21分

瑞風春風さま
お風呂の障子はプラスティック混でしょうが張り替えは必須でしょうね。

香川の後輩は父上が銀行の頭取でお庭がこのように立派でした。渡り廊下の有る離れに泊めて頂いた事を思い出しました。

投稿: Mikageマダム | 2018年9月21日 (金) 19時09分

aikoさま
旅先では私、道案内を家人に任せてる様です。
足は身長180センチ超の友人です。

旅行記が多くて私の料理をアップする間がありません。

投稿: Mikageマダム | 2018年9月21日 (金) 19時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宮島 | トップページ | 宿の夕餉 »