« 魚介類の献立 | トップページ | 友人とランチ、映画 »

2018年9月25日 (火)

鶏の水炊き

休みの日は気が済むまで朝寝を楽しみたいのですが朝7時に家人が外出する雰囲気を感じました。美容院には早すぎるし・・・と思いながらも又眠ってしまいました。

9時に起きて洗面所に行くと家人はなにやら大工仕事をしています。聞けば6時半オープンのコーナンプロに部品を買いに行ったそうです。

仕上げに掃除機を掛けるまで2時間ほど作業していました。三面鏡の裏側の箇所で見た目は変わりません。


娘に頼まれお昼から孫と娘の3人を図書館へ送り届け私達は西へ東へとお買い物。1時間後図書館へお迎えに行きました。

孫達のリュックはいっぱい、車に乗ると直ぐ本を読み始めました。車酔いは関係なさそうです。

重たい本を一旦家に置きに帰り日々のお勉強を持ってすぐさま3人が我が家に来ました。ダイニングテーブルに3人が座りお勉強タイム開始。


私と家人はキッチンで夕食の準備です。

松風地鶏のガラ2匹分でスープを取ります。アクをすくい終えたら弱火で1時間ほど炊きます。

お勉強が終われば家人と孫達はアトムと遊び娘は片付けをしに帰りました。

夕食は若旦那も参加、献立は松風地鶏の水炊き

写真: p1246948

赤身を帯びた地鶏

写真: p1246957

昔京都の田舎で食べていた「かしわ」はこのような噛み応えのある鶏肉だっことを思い出しました。

京都に居た頃毎日餌をやっていた鶏がお客様のおもてなし料理として出された時は悲しみながらもお相伴にあずかる私は野菜の合間に食べていた様に思います。

水炊きが好物の若旦那が美味しいと喜んでくれました。野菜と鶏肉の旨味が出たお鍋のスープは翌朝のお雑炊にと娘に持ち帰らせました。

茶豆

写真: p1246944

枝豆好きの年長児は両手に枝豆を持って食べるのでお行儀が悪いよと注意しました。



白銀

写真: p1246953

3年生は好きな物を取り置くタイプ、最後までお皿に白銀がのっていました。

家人作の鶏皮

写真: p1246941

一度茹でて水気を綺麗に取ってからカットしてフライパンで焼いていました。

ペーパータオルで油を落とし軽くお塩で味付けしています。

食事の前に指で摘まんで頂きます、大人はビールと子供達はお水で。

適度な塩分で食欲がわいてきます。





食事の後男子3人がマリオゲームを楽しみ8時半に帰宅しました。

連休が終わり今日から幼稚園、学校、お仕事です、元気に過ごしましょう。






只今発売中

第二弾

Mikageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)

第一弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  


↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« 魚介類の献立 | トップページ | 友人とランチ、映画 »

コメント

水炊きの美味しさは、素材の良さが勝負ですね。若旦那様が喜んで下さったマダムの水炊き、お野菜やキノコがこの上なく新鮮です。

子どもの頃に、縁日のひよこ数匹が鶏に育ったので、名前を付けて大切に飼っていました。父が、出入りの大工さんにオーダーして、庭に鶏小屋を作ってくれました。時々、気まぐれに卵を産んだので、オムレツやハムエッグにしていました。なかなか家族分は揃わなかった。マダムの餌付けしていた鶏みたいにおもてなし料理には、ならなかったのですが、鳴き声がうるさいので、ある日、鶏舎に返しに行こうと言われて、山奥の鶏舎に連れて行きました。後から、それは、処分のことと知って、声をあげて泣きました。

白銀は、山口のお友達からのお土産かなと思いました。

投稿: 瑞風春風 | 2018年9月25日 (火) 07時47分

瑞風春風さま
産みたての卵を取りに鶏小屋へ入ると親鳥につつかれながら暖かい卵を手に取りそそくさと出ました。

山口から届いた白銀は家族で分け合いました。

投稿: Mikageマダム | 2018年9月25日 (火) 10時36分

マダム。少し秋の気配が・・
皆様のお家でも鶏を飼っていたのですね・・私の実家でも、4歳くらいの時さばく所を最後まで観てしまいその日から今日まで鶏は食べれません。
娘も孫も大好きです鶏皮何か取り合いになるほどです。
お兄ちゃまは好きな物は最後に食べるのね、おばちゃんは一番最初に食べます。

家人様heart01又アトム君の動画見せてくださいませ。

マダム今日押入れを整理していたらトランクの中から高田賢三の花柄の可愛いスカートが出て来ました三枚も三宅イッセイも懐かしい・惜しいけど処分します。

投稿: aiko | 2018年9月25日 (火) 16時32分

我が家も子どもの頃ニワトリを飼っていて、近所の人が卵を買いに来ていて、卵を産まなくなったら食卓に上っていました。悲しかったですが、命をいただくということを学んでいたのだと思います。


ここのところ仕事でいろいろとあり、先週と今日と連休明けがとても憂鬱でしたが、「元気に過ごしましょう」という言葉で力がわいてきました。
マダムのブログは、読んだ後とてもすっきりとした気持ちになります。

投稿: ななこ | 2018年9月25日 (火) 19時46分

aikoさま
私は食べるものに対して貪欲なのでしょう。
好きな物は最初に食べます。

今年のファッションはレイヤードです、懐かしいデザイナーズのスカートを重ね履きに利用できれば良いですね。

投稿: Mikageマダム | 2018年9月25日 (火) 20時50分

ななこさま
私も連休前にすってんころりと身体を強打して辛かったので自分を奮い立たせる意味で書いた記事です。
お力になれたとは嬉しい事です。

投稿: Mikageマダム | 2018年9月25日 (火) 20時53分

いつも拝見しています。以前お茄子のフライの揚げ方について質問し、お答えを頂戴した者です。最新の記事ではないのにコメントして申し訳ありません。どうしても教えていただきたいことがあって…お孫さんの枝豆の食べ方の下りですが、具体的にはどのような仕草がお行儀が悪いのでしょうか。両手で押し出すこと?それとも単に枝豆が大好きだから両手に持っていたというだけでしょうか。周りに聞いたり調べたりしましたがどうしてもわかりません。細かいことで恐縮ですが、いつもマダムのお行儀についての記事も大変勉強になるのでつい質問してしまいました。よろしければ御教示ください!

投稿: おまめ | 2018年9月29日 (土) 14時50分

おまめさま
枝豆を口に入れ両手の指で摘まむのは普通ですが孫は片手で口に入れもう片手で次の枝豆をつまみピストンで次々と食べていたので注意しました。
美味しい茶豆だった様です。

投稿: Mikageマダム | 2018年9月29日 (土) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 魚介類の献立 | トップページ | 友人とランチ、映画 »