« 宿の夕餉 | トップページ | お祝い事 »

2018年9月21日 (金)

海軍カレー

私がどうしても行きたかった場所、3名の同意を得て江田島へ。

広島からタクシーで港まで行き連絡船に乗ります。

写真: img_6169

写真: img_6173

入るには厳重なチェックを受け胸にはバッジを付けます。

写真: img_6177

一目散に目指すのは「江田島クラブ」

写真: img_6184

生ビールはお約束事

写真: img_6186

待ってましたの海軍カレー

写真: img_6190

私以外は皆カツカレー

写真: img_6191

お裾分けで2切れ貰い私も結局カツカレーになりました。

若者向けなので量が多めです。

食事を終え売店でお買い物をして所持品はロッカーにしまい身軽な格好で食堂の前に集合。

1時間半の見学会に参加、徒歩での見学途中で抜けることは出来ません。

何処も歴史を感じる建物

写真: img_6180

広い講堂

写真: img_6194

赤いカーペットの真ん中を歩けるのは成績最優秀者だそうです。

卒業式には全員帽子を放り上げるのでしょうね。私が親なら泣いてしまいそうです。

写真: img_6204

100年経った建物は重厚です。高温で焼かれたレンガを触ると表面がつるつるでした。

写真: img_6205

美しいフォルム。

雨が降り出しました。制服の学生が白い帽子に黒のレインコートの襟を立てウエストをきりりと縛り校庭を足早に歩く姿がとても素敵でした。

夏の白い制服はよりかっこ良く見えます。


友人の叔父様は海軍兵学校出身で戦死なさいました。案内の方に名簿を見せて頂きお名前を確認出来ました。

生きて帰ってきた私の父は予科練だったようです。




只今発売中

第二弾

Mikageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)

第一弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  


↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« 宿の夕餉 | トップページ | お祝い事 »

コメント

もうまるで‥修学旅行ですねガンツウを降りたらすぐに帰宅かと思いきや・・

海上自衛隊・・軍艦カレー美味しそうです。
私の祖父は陸軍馬に乗っている写真があります・・それ以上は聞いていません。
前にニューヨークで水兵さんが沢山歩いていました・・制服が可愛いですよ。
(^_-)されました・・。

180超のお友達・・男性のお足でしたか・綺麗ですね。

投稿: aiko | 2018年9月21日 (金) 20時31分

マダムがどうしても江田島へ行きたかったのは、御友人の叔父様の名簿を確認する為にですか?お名前が見つかって良かった、叔父様も喜んでおられることでしょう。

海軍カレーは、横須賀が有名になりましたが、江田島のは
現役の生徒さんのお腹を満たすボリュームたっぷりのカツカレー
ですね。

投稿: 瑞風春風 | 2018年9月22日 (土) 07時05分

aikoさま
おじいさまは騎乗兵でしょうか?
学生時代は三宮にフランスの水兵さんが赤いぼんぼりさんが付いたお帽子を被って沢山歩いていました。彼らとは会話をしてはいけないと母から厳しく言われた時代です。

投稿: Mikageマダム | 2018年9月22日 (土) 10時08分

瑞風春風さま
私は制服フェチなんです、それが友人の役に立てて良かったです。
スリムな学生さん達が食べてる量を見てびっくりしました。かなりきつい訓練をなさってると想像でしました。

投稿: Mikageマダム | 2018年9月22日 (土) 10時12分

こんにちは
宮島は松本明慶氏の不動明王坐像
江田島のこの建物
両方が見たくて宮島行を狙ってます

江田島の海軍学校は坂の上の雲で
モッくんが歩いてました
なんと素晴らしい建物よ!と感動して
以来ずっと行きたいのです
(ちなみに菊ちゃんは明治帝役)
宮島を朝チェックアウトしたら
昼には到着できるのでしょうか?

投稿: trintrn | 2018年9月22日 (土) 12時34分

trintrnさま
案内の方からモッ君のお話を伺いました。
宇品港11:03発に乗り小用に11:25着きました。そこからタクシーで学校へ行きました。
中の建物はどれも素晴らしいですよ。

投稿: Mikageマダム | 2018年9月22日 (土) 13時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宿の夕餉 | トップページ | お祝い事 »