« あわびウェア工房 | トップページ | 鱧と松茸のお鍋 »

2018年9月 3日 (月)

淡路島のお魚屋さん

旬の鱧が欲しくて「何処で買えば良い?」と息子に聞けば「そりゃあ林屋でしょう」とアドバイスを貰い初めてのお店を目指します。川沿いを歩いて行くと駐車場に「林屋」と書いたトラックを見つけました。

路地の奥に数人が立っています、「見つけた!あそこだ!」と言いながら向かいました。

写真: img_5515001

お店は品揃えが少ないし、ショーケースはガラガラ、でも数人が順番待ちです。

お店の方に「鱧はあります?」と伺うと左の壁1面は大きな水槽でした。お店に入って行き見せて頂きました。

表で鰻を焼き始めた男性は途中で手を離すわけに行かないので「鱧要るんやったらだいぶ待ってもらわなあかんで」と言われました。

結構です、鰻が焼き上がるまで待ちますよ。

20分程待って鰻9匹が焼き上がりました。

写真: jhmn5127

愛知県産の鰻、余りに美味しそうなので良い所を2匹頂きます。

写真: akvk3575

上に肝も乗せて下さいました。

水槽から黄色い蓋付きのかごを引き上げると中には大きな鱧が活発に動いています。

鱧はお互いにお腹を噛み合って輪の状態です。鱧のどう猛さを見て「みおつくし料理帖」をふと思い出しました。

その2匹を取りだし調理にかかって下さいます。

暫く時間がかかるので水槽を眺めながらお隣のお寿司屋さんを覗きに。

写真: img_5516

ココが有名な「林屋」さんのお寿司屋さんです。お客さんが続々と出てきたら次の回のお客様と入れ替わりです。




お魚屋さんで巻き寿司と穴子寿司を注文するとお寿司屋さんが包装して持ってきて下さいました。お魚とお寿司、会計は別です。

写真: p1026688

鱧、剣先イカ、うるめいわしを買うと鯛の頭をおまけに下さいました。

車の保冷バッグに詰め込み海峡大橋を渡り一路自宅へ。




只今発売中

第二弾

Mikageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)

第一弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  


↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« あわびウェア工房 | トップページ | 鱧と松茸のお鍋 »

コメント

お誕生月おめでとうございます〜❣️
マダムのようなレディに出逢えた事はわたしの宝物です、どうぞマダムにとってまた素晴らしい一年になりますように。

ホテルのお寿司や鉄板焼きは料理人さんの控えめで品のあるトークも寛げる要素ですね〜。マダムがリラックスして記憶が朧げ…というのわかります!マダムの御子息様はセンスが良くて美味しい物をよくご存知とお見受け致しました🤗
先日、両親が若い頃デートしたという横浜ニューグランドホテルで母と食事したらクラシカルな趣きとサービスのおかげで素敵なタイムトンネルをくぐったように母が乙女にみえました。

20分待ったら鰻も買ってしまいますね!

投稿: 新米シェフ | 2018年9月 3日 (月) 21時56分

新米シェフさま
お祝いコメントありがとうございます。

ホテルでお母さまとの楽しい時をお過ごしでしたね。乙女に戻られたお母さまはノースリーブのワンピースで美しい肩をご披露なさったのでは?と想像を巡らせています。

ホテルならではのサービスは私も大好きです。

投稿: Mikageマダム | 2018年9月 3日 (月) 22時28分

おはようございます
ご立派なウナギに目が釘付けになりました
お写真のかば焼きは7枚しかありません
2枚お買いもとめの後の写真でしょうか
そして
うなぎ・あなご・はも
トリプルニョロですね~
今月はお好きなもの
お召し上がりになりたいものづくしブログ
になること間違いなし!

投稿: trintrn | 2018年9月 4日 (火) 08時25分

みをつくし料理帳に、はもの回があったんですね、見たかった。
どんなお話でしょう。

祇園祭の頃の京都の旬の味は、丁寧に骨切りされたはもの湯引きですが、獰猛で生命力の強いはもだけは、生きたままで京都に運べたそうです。

投稿: 瑞風春風 | 2018年9月 4日 (火) 13時58分

trintrnさま
分厚い鰻を2匹買い求めました。3ニョロニョロです。

今月は益々食いしん坊万歳!です。

投稿: Mikageマダム | 2018年9月 4日 (火) 15時50分

瑞風春風さま
本では鱧に指を噛まれ大けがをするところが有りました。

水槽から揚げられた鱧の顔が怖かったです。飛びかかって来そうな迫力です、かごの蓋を持ち上げていました。

投稿: Mikageマダム | 2018年9月 4日 (火) 15時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あわびウェア工房 | トップページ | 鱧と松茸のお鍋 »