« 熊本県阿蘇 | トップページ | A列車で行こう »

2019年4月22日 (月)

お宿の夕食

肉体年齢測定を終えたら内牧温泉に有るお宿に向かいます。

チェックインを済ますと夕食迄1時間程有ります、旅の疲れを流すため温泉に浸かります。部屋の鍵が1つしか無いので家人と出る時間を決めてから入りました。神田川とは反対に私が待たされました。

夕食は別室で、浴衣でもOKなのですが私達は服に着替えて頂きます。

ずらりと並んだお料理

Img_9197

まず生ビールその後地酒を頂きます。

先付けの他お刺身、グラタン

Img_9203

馬刺し、高菜、香の物

Img_9201

炊き合わせ

Img_9202

赤牛の陶板焼き

Img_9200

茶碗蒸しの他お蕎麦、お味噌汁も出てきました。

ご飯が炊きあがれば高菜を加えて混ぜて頂くのがお勧めでした。

ロビーではコマ回し大会が開催されていて3名の青年が興じていました。私達が使うコマと形状が違いボールのように丸いコマです。「どうして巻くの?」と家人が聞けば流暢な日本語でやり方を教えてくれたのはインドネシアからの若いお客様でした。なかなか上手くいかない家人に「惜しい・・・」と慰めてくださいます。暫くお稽古して回るようになれば拍手してくださいました。切りが無いので家人の袖を引いて部屋へ戻りました。

 

部屋で私がゴソゴソ用事をしている間に家人は寝てしまいました。こちらのお宿には3カ所に温泉があるので私は2つめの温泉へ行ってみます。

露天風呂へ行くと先客がお一人浸かりながら外を眺めていらっしゃるのでお邪魔しないように彼女から一番遠い場所から静かに浸かり星を見上げました。暫くして私の方を振り返り「満月が見えるとですよ」と誘ってくださいました。私からは木の陰で見えなかったのですが彼女に近寄って行くと大きなお月様が上がってきました。

「まぁ!綺麗なお月様!」と言いながら2人お喋りに花が咲いてしまいました。翌日はご子息がトライアスロンに出場の為ご一緒に長崎からお越しになったそうです。私より3歳年長の方ですが曾孫様までいらっしゃるご様子。露天風呂なのを良いことに30分程お喋りしました。そして翌朝偶然にも又お風呂でお目に掛かりその後朝食の際にもご挨拶頂きました。よほどご縁のある方なのでしょう。

 

 

第一弾

MIkageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)

第二弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  

↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« 熊本県阿蘇 | トップページ | A列車で行こう »

コメント

湯布院の旅、楽しく読ませていただきました。数年前に大分の友達の家に夫と母と一緒に泊らせてもらったとき由布岳、湯布院に車で連れて行ってもらいました。立派な旅館が多くて泊りたいなあって思いました。
旅館のお料理よりマダム家のご飯のほうが美しくおいしそうです。旅館の料理ってこうなるのでしょうかね。お風呂のお話がおもしろかったです。目に浮かびました。マダムともう一人の方が満月を見上げられている姿。

投稿: shokola | 2019年4月22日 (月) 23時25分

こんばんは^ ^写真を拝見してるとこちらも一緒にそちらに居る感覚になります。満月を見ながらお喋りや、お酒をマダムと一緒に呑んでみたいです^ ^お酒もお強いのですか?とても頼もしくお喋りも盛り上がりそうです。大分の肥後牛私も大好きです。佐賀牛も美味ですよね。お酒の蔵元も是非行かれてみてください。楽しいご旅行を^ ^

投稿: みかん | 2019年4月22日 (月) 23時47分

マダム、毎日見ております。家人が先月亡くなりました。61歳です 脳出血でした。私は54歳です。交代勤務の看護師です。毎日マダムの食卓を参考に暮していました
。あっと言う間の1ヶ月です。独りになると泣いてしまいます。涙目になっても食が基本です。市内に住む母は83歳でステーキとビールをこよなく愛しておリます。食事をキチンとしていれば多少散らかっていても大丈夫。という母の教えと食に対する意識の高いマダムを見習って過ごしております。ようやく遺影の彼に苦情を言ったり話し掛ける余裕がでてきました。やっぱり淋しいですね。泣けちゃいます。独立している息子達には迷惑かけぬよう、キチンと生きて生きて行こうと思っております。仕事は続けて食事はキチンとしていく所存です。夜勤終わり(準夜)なので変な時間ですが怪しい者ではありません。眠る前に結論は出なくとも、マダムのサイトを見ることによって自分を振るい立たせている読者がいることお伝えしたく感謝の念を合わせお伝えします。

投稿: | 2019年4月23日 (火) 03時46分

shokolaさま
観光バス対応の旅館だとこのような食事でしょうね。以前訪れた湯布院の無量塔は素晴らしいお料理でした。
すっぴんで頭にタオルを巻いている2人、素性も分からないままで沢山お喋りしました。

投稿: Mikageマダム | 2019年4月23日 (火) 07時22分

みかんさま
お酒は好きですね~、旅行中は家人と一緒にお昼から頂きます。大分、熊本共美味しい物が沢山有りますね。

興味のある人とは男女年齢を問わずお喋りを楽しみます。

投稿: Mikageマダム | 2019年4月23日 (火) 07時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 熊本県阿蘇 | トップページ | A列車で行こう »