« 洋食の朝日 | トップページ | 家人の夕食その2 »

2019年5月17日 (金)

家人の夕食

私だけイタリアンを頂いて来た日の夕食は家人が好きな物を出しました。

新じゃがと牛肉炒め

P1150737

骨付き豚肉の甘酢あん

P1150745

酢豚の要領で作ります。

春雨サラダ

P1150730

国産の春雨、焼き豚、錦糸卵、きゅうり。

砂糖、酢、薄口醤油、胡麻油でお味付け。

お土産のピザ2切れをオーブントースターで温めました。

P1150751

辛いオイルをかけて食べながら「これほんまに辛いな~」と言う彼の目の周りに汗が・・・

それはかけ過ぎでしょう!

 



第一弾

MIkageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)

第二弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  

↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« 洋食の朝日 | トップページ | 家人の夕食その2 »

コメント

マダム。
家人様辛い物食べて大丈夫ですか?
色んな所痛くなりませんか?

今日は今年初のビーサンを履きました・・気持ちが良かったです。

西元町、🚄難波から一本で行けます50分ぐらいです。花隈にも3年通いましたから。

靴屋さんも覗いてみたいですね履き倒れの神戸。

投稿: aiko | 2019年5月17日 (金) 20時37分

「骨つき豚肉の甘酢餡」は、お肉のお好きな方にとって「夢の酢豚」ですね。

先週、酢豚を食べたら、餡が絡んだピーマンや淡路玉ねぎや筍など野菜も美味しく、あまり甘くないパイナップルが入っているのも良かったのです。一昔前の酢豚にまれに入っていた色移りする程の合成着色料の赤いチェリーだけは、ご勘弁と思ってました。

昨日の「舌平目で包んだ蟹クリームコロッケ」についてレシピやネットで調べましたら「舌平目のチェスターフィールド風」という立派な名前が見つかりました。

そうでした。聞き覚えがあります、洋食屋さんではチェスターフィールド(Chesterfield)とだけ呼ばれてました。しかし、今となってはどちらにあったのかも分からないのです。マダムやコメント欄の方がご存知かもしれないと思い書いてみました。海と重厚な煉瓦の建物を覚えています、今はない洋食屋さんなのか、この凝ったお料理がメニューから消えてしまったのか。もう一度食べたいお料理のひとつです。

家人様は、辛いのお好きですか?

沖縄旅行の後にコレグース(オイルではありませんが)にはまり、一時期何にでもかけていました。

投稿: 瑞風春風 | 2019年5月17日 (金) 21時42分

aikoさま
家人はとにかく刺激物が好きなようです。
ビーサンを履くと浮き指になるので履け無いのです。お気に入りのスニーカーをもう1足と思いルクアへ行きましたがお店は撤退していました。ホテルニューオオタニ大阪にあるようなので近々行きたいと思っています。

神戸の老舗靴屋さんも無くなりました。若者の手頃な靴屋さんばかりです。

投稿: Mikageマダム | 2019年5月17日 (金) 22時03分

瑞風春風さま
「舌平目のチェスターフィールド風」って言うのですね。海辺のレストランなのか山から海が見えるレストランでしょうね。

沖縄旅行の予定が入っているのでソーキ蕎麦にコーレーグースが楽しみです。

投稿: Mikageマダム | 2019年5月17日 (金) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 洋食の朝日 | トップページ | 家人の夕食その2 »