« 連休の朝食 | トップページ | 赤福氷 »

2019年5月 7日 (火)

いざ鳥羽へ!

ゴールデンウイークでもお仕事の若旦那、お疲れ様です。

代理で私達がこどもの日、娘と孫を連れて11時10分大阪難波発の伊勢志摩ライナーに乗り鳥羽へ。

列車の旅が初めての孫達は「楽しみ~」とウキウキでホームに入ってきた列車の前で記念撮影をしていました。

Img_9618

車内の壁にはパールの額が掛かっています。

Img_9624

席は新幹線のグリーン車より幅も前後も広く快適です。

私の横は4年生、座ればリュックから本を取り出し直ぐ読み始めます。

Img_9730

私は外を見るのが好きなので田植えが終わり水が張られた田んぼやレンゲ畑を見つけると「ねぇ!見てみて!」と指差して話しかけます。顔を窓に向け「あ~本当だ!」としばし見ていますが直ぐ眼は本に向かいます。乗車から1時間以上経った時「もしやシートは回転するのではないか?」と気づきました。通路側のレバーを踏んだらシートが回転してボックスシートになりました、皆大喜び。

松坂駅で娘が注文していた新竹商店のお弁当をドア前で受け取ります、発車するまでご丁寧なお見送りを受けました。

Img_9626

「出来たての暖かいお弁当をお届けします。」と言われた通り暖かいお弁当です。

 家人の牛肉弁当

Img_9642

私のすき焼き弁当

Img_9632

娘のモー太郎弁当

Img_9631   

蓋を開けると音楽が流れます。

Img_9639

子供は牛肉のしぐれ煮巻き

Img_9628

子供達には食べやすいお弁当です。

松阪から下車する鳥羽まで20分程なので急いで食べないと・・・と言っていましたが美味しくてあっという間に全員食べ終わりました。

それぞれ自分のお弁当が1番美味しいと思う幸せなランチタイムでした。

 




第一弾

MIkageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)

第二弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  

↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« 連休の朝食 | トップページ | 赤福氷 »

コメント

マダム、おはようございます☀️

鳥羽の旅、お天気が良くて何よりでしたね。新竹商店の牛肉のお弁当は知ってましたが、種類も色々あるんですね。駅で受け取れるのも初めて知りました。皆さんのお弁当、美味しそうですね。今度、チャレンジしてみたいと思います😋

投稿: ウッチー | 2019年5月 7日 (火) 07時33分

本当にお兄ちゃまは読書がお好きなのですね。ヘアスタイルが決まっています✌️
お天気にも恵まれ、ワクワク😃💕する旅行の始りですね。

投稿: neroli | 2019年5月 7日 (火) 08時42分

♫志をはたして、いつの日にか帰らん♫
モー太郎弁当は、ふるさとのメロディなんですね。松坂牛の美味しいお弁当に、鳥羽旅行の期待が高まります。

投稿: 瑞風春風 | 2019年5月 7日 (火) 13時36分

マダム。見慣れたはずのライナーが違うもののように見えます。あら竹さんの駅弁もシンプルで好きですヒジキも美味しですね。

私も今年は先にしまかぜで志摩に帰ります。
お弁当を頼もうかと思いました駅弁好きな母のために。
奈良のあたりから田んぼが見えますね松坂、宇治山田・・鳥羽ですね💛🐬
お写真楽しみですきっとマダムは素敵なお店を探したはず・・そこに私達も行ってみようと思います、地元なのにお恥ずかし。

投稿: aiko | 2019年5月 7日 (火) 17時00分

ウッチーさま
暖かいお弁当美味しかったです。もっと高級な牛肉弁当もあります。

投稿: Mikageマダム | 2019年5月 7日 (火) 18時04分

neroliさま
1年生も後ろの席で読書に夢中でした。
髪は娘がチョキチョキやっています。たまにバリカンを失敗して虎刈りになる時もあります。

投稿: Mikageマダム | 2019年5月 7日 (火) 18時07分

瑞風春風さま
4年生がお弁当から部品だけ取り出してリュックに入れていました。思いがけないときに鳴り出し驚きました。

投稿: Mikageマダム | 2019年5月 7日 (火) 18時12分

aikoさま
美味しいお弁当でした!
連休中しまかぜは片道しか取れませんでした。
新緑を眺め絶好の季節の旅だったと思いました。

投稿: Mikageマダム | 2019年5月 7日 (火) 18時16分

マダム。
マダムたちの旅の楽しみ方お勉強になります一泊の旅隙間なく現地を楽しむことに、海外は娘がスケジュール表を作り私を連れまわします時々血糖が下がり座り込んでしまいますが、自分では何もしてませんでしたね、

若い頃大阪の友達を志摩に連れて行くと皆感動してました国立公園のど真ん中食べ物は美味しい・・・と、私はいつでも不二家のケーキが買える都会が羨ましかった。
灯台下暗しです・・でも今はあのリアス式海岸の田舎が好きです、人口はドンドン減っていますが。早く母や妹たちに逢いたくなりました。

私も今ゾックとして暖房を入れました、明日宝塚の病院に行きます。

投稿: aiko | 2019年5月 7日 (火) 19時01分

aikoさま
私がプランを提案して娘が予約を取ってくれます。私達が楽しく暮らせる様にするのが自分の出来る事と娘は言っています。
海の物もお肉も美味しい所でした。夏はホテル、列車、お店共予約が取れないと思います。

投稿: Mikageマダム | 2019年5月 8日 (水) 16時41分

aiko様へ

そんな気分の時は、いきものがかりの曲、

「帰りたくなったよ~。」がピッタリだと思います。

投稿: 通りすがり。 | 2019年5月 9日 (木) 17時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 連休の朝食 | トップページ | 赤福氷 »