<材料> 鰹節   15g 昆布   15g  水     5カップ 白味噌  250g 粟麩    適宜 三つ葉   適宜 練り辛子  適宜 <作り方> ①鍋に昆布と水を入れて火に掛けます、7分程で沸々する程度に火の調整をして、昆布を取り出しおちょこ1杯程の差し水をして鰹を加えて沸騰寸前で火を切り鰹が沈殿するまで待って漉します。 ②出来ただし汁を4.1/2カップ計ります。 ③すり鉢に白味噌を入れて②の出汁を少しずつ加えながらすりこぎで擦っていきます。 ④漉し器で2~3回漉してから鍋に入れて火に掛けます。 ⑤三つ葉の軸を刻みます。 ⑥粟麩を1.5㎝角に切って(今夜は一人5切れ)沸騰した④に加えて温めます。 ⑦練り辛子に④を少し入れて混ぜます。 ⑧椀に⑥を入れて⑤の軸三つ葉を加えて⑦の辛子を垂らして出します。 単なる白味噌仕立ての椀ですがとても手の混んだ物です、我が家では年に数回しか出てきません。 まったりとした甘い白味噌仕立てに辛子がアクセントに成ってとても美味しいです。 記事へ